歯科衛生士の需要と求人・採用募集状況

人手不足に悩む現場は多い

美容や健康に気を遣う人が増えている現代では、歯への関心が高まるとともに、歯科衛生士の需要もどんどん大きくなっています。しかし、歯科衛生士の数はまだ不足しており、常に求人をかけているような歯科医院も少なくありません。

現状として、歯科衛生士の資格を持っている人のうち、実際に歯科衛生士として職に就いているのは半数以下ともいわれています。

結婚や出産を機に辞めて復帰しない人や、コミュニケーションがうまくとれずに現場を離れてしまう人など、みんな諸々の事情があるようですが、現場のニーズは高いだけに、これから歯科衛生士を目指す人にとってはチャンスといえるでしょう。

活躍の場はさまざま

歯科衛生士の国家資格を持っていれば、日本全国どこでも歯科衛生士として働くことができます。資格は一生有効なので、一度辞めたとしても再び現場復帰できる可能性は充分ある仕事です。

歯科衛生士の活躍の場は歯科医院だけに留まらず、保健センターや老人保健施設、企業の診療所など数多くあります。高齢化社会が進む中、お年寄りの在宅治療の需要も高まっているなど、活躍のフィールドはどんどん広がっています。

求人数が圧倒的に多いのは個人開業の歯科医院です。まずは数年間経験を積み、その後、歯科衛生士としてさらなるステップアップのために転職を目指す人も少なくありません。

常に患者さんへの思いやりを忘れず、確かな技術を身につけた優秀な歯科衛生士は、どんな現場でも活躍することができるでしょう。

仕事体験談