歯科衛生士の就職先、活躍の場

最も多い就職先は歯科医院

歯科衛生士の就職先というと、やはり最も多いのは歯科医院です。

歯科医院において、歯科医師のそばで歯科治療を円滑に進めるサポート役として必要不可欠な存在が歯科衛生士であるからです。

歯科衛生士養成の専門学校や大学・短大の附属専門学校では、就職コーナーなどが設けられています。

卒業後に受験する国家試験に合格したあかつきにはスムーズに社会人としてスタートを切れるように、国家試験合格前から就職活動がはじまります。

こういった就職コーナーには、求人票があり、歯科衛生士の求人が見られるようになっていますが、求人票の多くは個人の歯科医院です。

また結婚出産などで職場復帰をする際や転職の際にも就職情報誌を見ると、歯科衛生士の就職先で最も需要があるのは歯科医院となっています。

歯科医院以外の就職先

歯科衛生士の就職先は歯科医院が最も多いとはいえ、歯科医院しか活躍の場がないということではありません。

歯科衛生士は、歯科医療における予防歯科のエキスパートでもありますから、保健所や介護施設でのそしゃく指導、歯の健康指導の専門スタッフとして勤務するという道もあります。

他には、一般の総合病院や大学病院の口腔外科や歯科などの就職先や、営業担当者として歯科専門の機材メーカー、歯科材料メーカーなどへの就職する人もいます。

また、歯科衛生士を養成する指導者として、専門学校の講師という道もあります。

歯科衛生士というと歯科医院でしか活躍できないというイメージが強いのですが、このように幅広い分野で活躍することができます。

たとえば「ケアマネジャー」や「専門歯科衛生士資格」など、現状取得している歯科衛生士の資格にプラスして他の医療に関わる資格を取得することでダブルライセンスの医療従事者となり、自分の付加価値を上げることもできます。

仕事体験談