司法書士の就職・採用募集状況

司法書士事務所で経験を積む

司法書士は本来、独立をして弁護士のように事務所を構えて活動することを前提にした職業です。

しかし、試験に合格しただけでは実務経験がほとんどないので独立をしても満足な仕事はできないでしょう。

そこで、まずは司法書士事務所などに就職をして経験を積み、その後はそのまま事務所の中で安定した仕事を続けるか、独立をして大きく活躍するか、という選択をすることになります。

その第一歩となる司法書士の就職や採用状況を見てみましょう。

大都市圏を中心に求人多数

やはり司法書士へのニーズは大都市圏に多く、関連の求人も大都市圏のものが多くなっています。

司法書士事務所を筆頭に、法律事務所(弁護士の事務所)や一般企業の法務部門などの求人が中心です。

ネット上には司法書士に対する求人情報がたくさん掲載されているので、ちょっと探してみるだけでもたくさんの求人が見つかります。

性別による条件の差もほとんどないので、女性が活躍しやすい職業であるという特徴もあります。

他の業種と同様、35歳までの求人が多い

一般的な求人の大半は、35歳にひとつの節目があります。

35歳までに経験を積んで、その後は大きく活躍するというキャリアアップが理想的なので、司法書士の求人も35歳までのものがとても多いです。

35歳以上の人を対象にした求人も多数ありますが、その場合は実務経験や、法曹界以外での社会人経験などがポイントになります。

業務によって異なる年収

司法書士の業務は、登記関連と簡裁訴訟関連に大きく分けられます。

この2つは司法書士の重要な業務ですが内容はかなり異なるので、どちらを主に担当できるかによって求人や採用の状況が異なります。

多いのは登記関連で、実務経験の長さに比例して条件が良くなっていくというわかりやすい構図です。

5年以上の実務経験があると500万円前後の年収以上という求人が目立つので、資格取得後のキャリアアップが収入につながっていることがわかります。

簡裁訴訟関連については債務整理業務が多く、実務経験によって条件が良くなるのは登記関連と同じです。