生活相談員の資格

生活相談員として働くための3つの資格

生活相談員の資格要件は、都道府県によって異なります。

そのため、勤務地によってどの資格を持っていれば生活指導員として働けるかということは異なりますが、多くの都道府県で掲げているのは「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」という3種類の資格のうち、いずれかを取得するというものです。

上記のうち、社会福祉士と精神保健福祉士は国家資格です。

これらを取得するためには、福祉系の4年制大学で所定の課程を修了するか、大学を出た後に養成施設で学ぶなどをして国家試験の受験資格を得て、試験に合格する必要があります。

社会福祉士の仕事
精神保健福祉士の仕事

社会福祉主事任用資格は、大学や短大で社会福祉に関する科目(指定科目)を3科目以上履修して卒業するか、厚生労働大臣指定の養成機関や講習を修了するなどをすることで、得ることができます。

社会福祉主事の仕事

生活指導員の代表的な資格要件はこのようになっています。

介護系の資格で働ける場合も

なお、上記に挙げた各資格の所持者と「同等以上の能力を有すると認められる者」である場合も、生活相談員として働く資格があると認められる都道府県がほとんどです。

たとえば「介護福祉士」や「介護支援専門員(ケアマネジャー)」の資格を持ち、1年以上の実務経験(都道府県によって異なります)があれば、生活相談員として採用されることもあります。

介護福祉士の仕事
ケアマネジャーの仕事

ただし、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格の資格を持っている人のほうが優遇されやすいといわれており、都道府県によっては上記の資格では採用されないこともあるようです。

とくに、生活指導員は介護技術そのものよりも介護に関する法律や制度等を知っている必要があるため、経験がほとんどない介護福祉士で即戦力として働くのは難しいとされています。

詳しい事情に関しては、各都道府県における最新の生活指導員資格要件などを確認してください。