作業療法士の仕事内容

精神的、身体的なリハビリが基本 作業療法士は、病気やケガなどが原因で身体に障害や不自由さを抱える人に対して、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、日常生活に必要な能力を高める訓練や指導をする仕事です。 英語では「Oc … 続きを読む

作業療法士の活躍の場

メインはやはり医療現場 作業療法士は、一般的にはリハビリ職として認知されているため、医療現場を中心に活躍することになります。 病院などの施設内にある「リハビリ室」と呼ばれるリハビリのための場所が職場となることが多いです。 … 続きを読む

作業療法士の一日

作業療法士は、毎日どのような時間を過ごしているのでしょうか。 ここでは、代表的な職場である病院での働き方を例に、ある1日の過ごし方を見ていきたいと思います。 朝は他職種とのミーティングから 作業療法士の1日は、どのような … 続きを読む

作業療法士の役割

実践度の高いリハビリを提供する 作業療法士のおもな役割は、身体や精神に障害を抱える人が、日常生活をスムーズに送るためのリハビリを提供することです。 理学療法士が「歩く、立つ、座る」といった基本動作能力を回復、維持するため … 続きを読む

作業療法士の魅力

多様な現場を経験して成長していける 作業療法は、障害を抱える小さな子どもから大人、そして高齢者の方までを対象とします。 そのため、作業療法士が働ける現場も、子ども向けの福祉関連施設から高齢者の介護施設などまで、幅広くあり … 続きを読む

作業療法士の考えはさまざま

作業療法のやり方は人によりさまざま 作業療法士は、リハビリテーションの専門家として、子どもからお年寄りまで、心身に障害を抱える人がよりよい日常生活を送るための援助を行っています。 しかし、世の中にはたくさんの作業療法士が … 続きを読む

作業療法士の仕事詳細-急性期のリハビリ

急性期のリハビリテーションについて 作業療法士の求人には「急性期」「回復期」「維持期」ということばがよく出てきますので、どのような仕事をするか概要をお伝えします。 これらは患者さんの回復する段階をあらわします。 急性期と … 続きを読む

作業療法士の仕事詳細-回復期リハビリ

回復期のリハビリテーションとは 「回復期」のリハビリテーションの多くは、回復期の専門病院や専門のセクションで行われます。 回復期とは、急性期を経て最も回復が見込まれる時期のことです。 回復期のリハビリは発症してから1〜2 … 続きを読む

作業療法士の仕事詳細-維持期のリハビリ

維持期のリハビリテーションについて 「維持期」とは、回復のスピードが緩やかになる時期のことです。 一般的に、怪我や病気を発症して約半年間が過ぎると維持期に入るといわれています。 この時期になると全身状態も落ち着いてくるた … 続きを読む

作業療法士の仕事詳細-訪問リハビリ

訪問リハビリテーションとは 「訪問リハビリ」では、通院ができない患者さんのために自宅を訪問し、日常生活に必要なさまざまな動作のリハビリを行います。 作業療法士は、患者さんの日常生活の質を上げる、という目的をもっています。 … 続きを読む

身体障害の作業療法

身体障害の作業療法とは 作業療法士は、病気や事故の後遺症などで身体に麻痺などの障害を負ったり、「高次脳機能障害」を負った患者さんに対して作業療法を行い、手や腕の機能の回復や、日常動作の改善がされるよう手助けをします。 し … 続きを読む

精神障害の作業療法

精神障害の作業療法とは 精神の病気をわずらい、日常生活に支障が出ている人を対象に行います。 患者さんの中には、病気をきっかけに活動する意欲や体力が落ちてしまい、本来の自分の生活ができなくなっている人が多数います。 そこで … 続きを読む

老年期障害の作業療法

老年期障害の作業療法とは 認知症をわずらっていたり、脳卒中の後遺症がある等で日常の生活に支障が出ている高齢者(65才以上)を対象に行われます。 患者さんの病気の種類や障害の程度、健康状態などによってどのような作業療法を行 … 続きを読む

発達障害の作業療法

発達障害の作業療法とは 発達障害の作業療法は、主に自閉症や脳性まひ、知的障害、軽度発達障害などの患者さんが対象になります。 患者さんの多くは子どもです。治療を受けるきっかけの多くは、言葉や動作の遅れが検診などで指摘された … 続きを読む

仕事体験談