臨床工学技士への転職、中途採用

国家資格の強み

臨床工学技士は、国家資格が必要とされる職業です。

この国家資格は一度取得すれば半永久的に有効であるため、もちろん転職の際にも生かすことができます。

また、実務経験もプラスに評価されることが多く、こうしたことから、ある病院で働いていた臨床工学技士が、別の病院へ転職するといったことは比較的よく見受けられます。

病院は、職場によってだいぶ雰囲気が異なったり、院長の経営方針ひとつで働き方が大きく変わることがよくあります。

また、わりと閉鎖的な空間になりやすいため、なかには職場の雰囲気になじめなかったり、人間関係がうまくいかなかったりして、転職を考える人もそれなりにいるようです。

そのほか、給料や残業の問題、別の環境で新しい仕事に挑戦したいといったことなどが、おもな転職理由となっています。

別の領域に転職する人も

臨床工学技士の転職において、病院から別の病院へ、というケースは一般的ですが、それまで透析クリニックで働いていた臨床工学技士が、医療機器メーカーなど、別の領域へ転職するというケースもあります。

臨床工学技士の求人は病院など医療施設が中心となりますが、経験を強みにし、他の領域へ転職することも不可能ではありません。

現状、臨床工学技士の求人はわりと多くあるため、転職先を探すのにそこまで苦労することはないでしょう。

ただし、どの仕事でもそうですが、給料や待遇がよいところ、知名度が高いところなどは倍率が高くなりがちです。

未経験から転職するには

繰り返しになりますが、臨床工学技士は、国家資格ありきで働く仕事です。

そのため、まったく異業種から転職したいと思っても、国家資格がない未経験者は仕事に就くことができません。

養成校といわれる専門学校や、臨床工学技士養成課程を置く大学に通い、必要な単位を修めて国家試験の受験資格を得て、国家試験に合格する必要があります。

ただし、すでに臨床検査技師、診療放射線技師、看護師の養成校を卒業している場合には、1年間専門科に通うことで受験資格が取得できます。

ゼロの状態から臨床工学技士を目指そうという場合、それなりの時間もお金もかかってしまうことは知っておく必要があります。