臨床検査技師に向いている人、適性

知識欲が旺盛で、勉強熱心な人

医学の世界は日々進歩しており、臨床検査技師に限らず、医療従事者には常に勉強することが求められます。

就職後も、業務終了後や休日に勉強会へ参加しなくてはならないこともあります。興味がないことを勉強し続けるのはつらいものです。

したがって、まずは臨床検査の世界に関心があることが大前提。そのうえで、「新しいことを知りたい!」という探究心や好奇心を持ち、自ら勉強する姿勢が必要です。

実際、臨床検査技師が扱う機器の種類は多岐にわたり、どんどん進化していきます。知識を貪欲に取り入れることを楽しいと思える人であれば、この仕事そのものにも前向きに向き合うことができるでしょう。

几帳面で、手先が器用な人

臨床検査では機械化が進んでいるとはいえ、病理標本や血液標本の作製、ピペット操作など「人の手」が必要とされる部分も多々あります。

不器用な人にはできないというわけではありませんが、手先が器用な人に向いている仕事です。

しかし、手先にあまり自信がなかったとしても、丁寧に作業を進めようとする人、几帳面な人であればさほど心配はいりません。

臨床検査技師の仕事は、ほんの少しのミスでも人の命を左右する可能性があります。自分の仕事に責任を持ち、正確に物事を進める気持ちが大切です。

人と接することも苦にしない人

検査の中には直接患者さんと接する検査(生理検査)とそうでない検査(検体検査)があります。

検体検査を行う場合や検査センターに勤務する場合、患者さんと接することはありませんが、他のスタッフとのコミュニケーションは不可欠です。

仕事では、コミュニケーション不足がミスにつながることもあり得るからです。話すのがあまり得意でなくても、伝えるべきことをきちんと伝える、という姿勢は大事にしなくてはなりません。

また、直接患者さんと接する検査に携わる場合は、とくに患者さん一人ひとりのことを思いやる気持ちを持って働くことが大切です。