騎手になるには

騎手になるまでの道のり

競馬学校に入学する

騎手になるには、毎年4月入学の競馬学校で学ぶ必要があります。

JRA競馬学校の場合、約3年の学校生活のうち一年半で乗馬や走路での騎乗など実技のほか、必要なフィジカルトレーニング、関係法規や馬学の専門カリキュラムをこなします。

残りの1年半は実践です。

そのうちの約一年は美浦または栗東のトレーニングセンターで実習。

ここでは調教方法や実戦的な騎乗技術を体得し、残り半年は競馬学校で模擬レースなどを通じて実際のレースにおける騎乗技術を学びます。

騎手免許試験に合格する

3年間の競馬学校生活を終えたら、騎手免許試験に臨みます。

内容は、学力試験(筆記と口頭面接)、騎乗技術、身体検査、人物考査(面接)の4項目です。

この試験に合格して初めて、騎手としてデビューすることができます。

厳しい環境で学ぶ

トップ騎手の武豊さんは、学校での生活を振りかえって「競馬学校で学んだことでいちばん役に立っているのは、我慢すること」と話しています。

武豊さんのころはまだ学校が設立されて間もないころで、先輩・後輩の関係性や生活指導も厳しかったようです。

現在は寮生活の雰囲気などは変わってきているようですが、同じ夢を持つ仲間たちと切磋琢磨し、厳しい世界で生きていくための術を学ぶ大切な環境といえます。

騎手に必要な資格や免許は? どんな試験がある?

騎手になるための学校

JRA競馬学校と地方競馬教養センター

競馬学校は、中央競馬と地方競馬のそれぞれに設置されています。

中央競馬が「JRA競馬学校(千葉県白井市)」で、地方競馬が「地方競馬教養センター(栃木県那須塩原町)」です。

JRA競馬学校は3年間、地方競馬教養センターは2年間通うことになります。

入試倍率は、どちらも10倍前後と狭き門ですが、JRA競馬学校に合格する方が難しいといわれています。

じっさい、JRA競馬学校の受験の方が先に実施され、こちらで不合格になると、地方競馬教養センターの入試を受ける受験生が多いです。

JRA競馬学校の卒業生は、中央競馬の騎手免許試験を受験します。

また、地方競馬教養センターの卒業生は地方競馬の騎手免許試験を受けます。

地方競馬で経験を積めば、中央競馬の騎手免許試験を受け、中央競馬に移ることはできます。

乗馬経験の有無は問われない

JRA競馬学校、地方競馬教養センターとも、入学試験の際、乗馬経験の有無は問わないとしています。

どちらの入学試験でも、じっさいに馬に乗る審査がありますが、乗馬技術のレベルより、騎手としての適性や馬に対する態度などが審査対象となっています。

騎手試験の受験資格と試験内容

入校に関しては筆記試験があり、騎手としての適性検査も行われますが、中央競馬の騎手と地方競馬の騎手とでは若干試験内容が異なります。

競馬学校入校後は競馬のレース、馬についての知識、実際に馬を乗りこなすための実技練習などがあります。

騎手としての知識、技術を身に付けて卒業すると、今度は騎手免許試験が待ち構えています。

馬やレースに関する問題、実技試験、体力測定、適性検査などが行われ、すべての基準をクリアすると騎手として認められます。

馬が大好きな気持ちをアピール

中央競馬のJRA競馬学校、地方競馬の地方競馬教養センターのどちらも、入学試験では面接があります。

面接では必ず自己PRとともに志望動機が問われます。

志望動機は、「馬が好きだから」でも「競馬を見て感動したから」でも「小さい頃から乗馬に親しんできたから」でも構いません。

騎手は常に競走馬と一緒に行動しますから、馬好きでなければ務まらないのです。

とにかく馬が大好きという気持ちが伝わることが何よりも大切です。

競馬の仕組みも頭に入れておく

ただし、注意すべきは、競馬が公営ギャンブルであるという点です。

競馬について「財布の底をはたいて夢を買っている」と言ったのは、詩人の寺山修二ですが、競馬は、ファンが馬券を買ってくれることで成り立っています。

そのため、公正なレース運営が、競馬に関わる人すべてに求められます。

そのため、「馬が好きだから、騎手になりたい」という志望動機だけでは、物足りません。

公営ギャンブルである競馬界に就職したいと考える以上、まず、競馬の仕組みを知らなければ、話になりません。

未成年者が、馬券を購入することはできませんが、競馬が、どのように成り立っているかについて頭に入れておく必要があります。

公営ギャンブルへの就職について

一般に、ギャンブルの世界は、評判がよくありません。

「競馬」と聞くだけで、毛嫌いする人もいます。

それでも、なぜ、あえて競馬の騎手になりたいのか。

その点も、よく考えておく必要があります。

競馬学校の面接では、保護者の競馬に対する考えもよく質問されるようです。

自分の子供が公営ギャンブルの世界へ進むことについて、どう考えるか、また、なぜ賛成するかについて、親としての意見をまとめておくことが必要です。

騎手の競馬学校の入学条件・難易度・倍率

騎手に向いている人

体重が制限以内でなければ不合格

競馬学校の騎手過程への入学条件に、体重制限が設けられています。

年齢によって、「44.0㎏以下」から「46.0㎏以下」まで細かく区切られています。

入学試験の体重測定で、この制限体重を超えていると、その時点で不合格になります。

現在の自分の体重が制限以下か、入学試験日までに制限以下に体重を落とせるか、確認することが大切です。

高い向上心と精神力

騎手は馬の能力を最大限に引き出すための騎乗技術を磨いていかなくてはなりません。

この学びに終わりはなく、引退するときまで試行錯誤は続きます。

武豊さんは、騎乗技術はもちろん、騎乗中に足を乗せるあぶみなど道具にもこだわっています。

いかに馬に負担をかけずに、その馬の最大限の力をレースで発揮させるのか。

そのための努力を惜しまない向上心とあくなき探究心を競馬に燃やせる人は騎手に向いているでしょう。

加えて、レース中に自らの騎乗技術を正確に発揮するための精神力も必要です。

馬券を購入してくれたファン、馬主や調教師の期待も受けて、自分の技術をレースで発揮することが求められます。

大きな舞台でも力を発揮できる、強い精神力が騎手には必要です。

騎手に向いている人・適性・必要な能力

騎手のキャリアプラン・キャリアパス

プロデビュー後は厩舎所属の騎手に

競馬学校を卒業した騎手は、栗東か美浦のどちらかにある厩舎の所属騎手として活動します。

最初のころは、所属した厩舎の馬に騎乗してレースに出ます。

騎手免許取得から5年未満で通算100勝以下の騎手は、「減量制度」が適用され、特別なレースを除いて最大で3キロ(女性騎手なら4キロ)負担重量が軽くなります。

厳しい勝負の世界ですが、こうした制度も生かして勝ちを積み重ね、馬主や調教師の信頼を高めていくことが必要になります。

フリー転向

中央競馬の騎手は、所属厩舎を離れフリーとして活動することができます。

ある程度の実績をつくりフリーになることができれば、所属厩舎以外の馬への騎乗依頼を受けることができるようになります。

騎乗依頼を受けられる可能性が広がる一方、結果を残せなければ騎乗する機会は減少するのがフリーの世界です。

これまでお世話になった厩舎や馬主との関係性も大切にしつつ、能力のある馬を任せてもらえるように人脈を広げていかなくてはいけません。

女性でも騎手になれる?

騎手の仕事は男性だけのものではありません。

男女比で見れば圧倒的に少ないものの、国内外に女性騎手は存在しています。

JRAでは、通算7人の女性騎手が誕生しています。

現在日本で一番の知名度を誇る女性騎手は、藤田菜七子さんです。

2020年4月にはJRA通算100勝を達成しました。

しっかりとした実力に加え、美しいルックスで週刊誌の表紙になることもある競馬界のアイドル的存在でもあります。

女性騎手のキャリアパス・結婚後の生活

騎手を目指せる年齢は?

騎手になるためには、騎手免許の試験に合格する必要があります。

騎手免許の試験を受けるには、競馬学校の騎手過程に入学して勉強しなければなりません。

その騎手過程の入学条件は、中学卒業以上で、「20歳以下(地方競馬)」あるいは「20歳未満(中央競馬)」となっています。

しかし、18歳以上の合格者はほとんどいません。

実際、高校の卒業を待って入学試験を受けるのでは遅いといわれています。

できれば、15歳か、16歳、遅くとも17歳までに競馬学校の入学試験を受けなければ、騎手になるのは難しいです。

ただし、競馬学校に入学できなくても、厩舎に就職し、調教や騎乗を習い、騎手免許試験を受けるという方法はあります。

ですが、競馬関係の法律や馬に関する学問まで独学で勉強するのはかなり大変です。