スポーツ分野で活躍する管理栄養士

スポーツ分野の管理栄養士とは

管理栄養士が活躍できる領域は多岐にわたりますが、なかには「スポーツ」の分野で専門的に活躍する管理栄養士もいます。

スポーツ分野の栄養士の役目は、おもにアスリートの栄養管理を行うことです。

アスリートの身体づくりと栄養は切っても切れない関係にあり、きちんとした栄養管理をすることが、コンディション調整や強靭な肉体を作ることにもつながっていきます。

そこで、栄養学についての専門知識を持つ管理栄養士が、アスリートの栄養や食事面をサポートしていきます。

具体的な仕事内容は?

スポーツ分野で活躍する管理栄養士は、フィットネスクラブやスポーツジムに就職して働く人が多いようです。

このほか、自ら開業して選手個人やチームと契約を結び、栄養サポート業務に携わる人もいます。

スポーツチームや団体では、監督やコーチ、トレーナーなどの各スタッフと連携を図りながら、選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるように、栄養学の面から専門的なサポートを行っています。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士になるには

アスリートが必要とする食事や栄養素は一般の人の食事とは異なるため、専門的な勉強をして知識を備える必要があります。

したがって、この分野で大きく活躍していきたいのであれば、専門の資格取得を目指すとよいでしょう。

スポーツに携わる管理栄養士の代表的な資格に「特定非営利活動法人 日本スポーツ栄養学会」が認定する「公認スポーツ栄養士」というものがあります。

この資格を取得するには「公認スポーツ栄養士養成講習会」というものを受講する必要があります。

受講条件は、

・管理栄養士であること
・受講開始年度の4月1日時点で満22歳以上
・スポーツ栄養指導の経験がある者、または、予定がある者
(以上の者のうち、(公社)日本栄養士会、(公財)日本体育協会が認めた者)

であり、あくまでも管理栄養士が専門性を深めるために取得を目指す資格となっています。

認定者数は平成27年度末現在で173人であり、まださほど認知度の高い資格ではありません。

しかし、スポーツ分野での管理栄養士の求人数は決して多くないため、資格を取得して少しでも専門性をアピールすることが必要になってきます。

加えて、「健康運動指導士」といった運動に関する資格も併せて取得していれば、業務の幅を広げることができるでしょう。