管理栄養士の志望動機

一生役に立つ資格を身につけたい

最近は「手に職を付けて働きたい」と考える人が増えていますが、管理栄養士の資格も、まさにそれを実現するための手段のひとつといえます。

この資格は一生モノとなるため、年齢を重ねても資格を生かして活躍することができます。

ただし、いくら資格をとっても、その先どのような風にキャリアを重ねていくかは自分次第です。

ただ資格をとるだけではなく、「どのような領域で活躍していきたいのか?」「管理栄養士として何をしたいのか?」までしっかり考えることが大切です。

そして、その考えた内容は、十分な志望動機になるでしょう。

管理栄養士として目指す姿をイメージしながら、その仕事をしたいと思ったきっかけや考えを言葉にしていくとよいでしょう。

病気の人や健康になりたい人を助けたい

食事内容によって、人の健康状態は変わっていくものです。

とくに疾患を抱える患者さんは、薬だけでなく日々の食生活を整えることが大切ですし、疾患によって控えたほうがいい食べ物や栄養素もあります。

そのため、病気を回復させるためのお手伝いをしたいという気持ちや、健康をサポートしたいという気持ちから、管理栄養士を目指す人も多くいます。

また、疾患を抱える方や高齢の方だけでなく、スポーツや美容の分野でも、食や栄養は重要視されています。

そのため、管理栄養士の活躍の幅は広いものとなりますが、いつでも相手にするのは「人」です。そのため、「人が好き」という気持ちが志望動機に繋がることもあります。

食べること、調理することが好き

食べることや調理が好きで、管理栄養士になろうという人もいます。

「栄養に気をつけたら元気になった!ダイエットに成功した!」という実体験から、食の奥深さに気付き、この仕事に興味を持つ人もいます。

管理栄養士は毎日毎日、食や栄養のことを考えていくため、食が好きであることはとても大事です。

調理の仕事もあるので、調理が好きということがきっかけとなる志望動機も考えられます。

しかし、管理栄養士は料理人ではありませんから、あくまでも「栄養」や「健康」に関わる志望動機を考える必要があるでしょう。