介護福祉士の志望動機

介護福祉士の志望動機

介護福祉士に限った話ではありませんが、求職するとき、しっかりとした志望動機を考えておくことはとても大切です。

面接でも志望動機については必ず問われますし、とくに未経験者の場合は志望動機の内容ひとつが合否を大きく左右することもあります。

介護福祉士としての志望動機を書く時に重視したいことは、介護や福祉の仕事に興味があることを伝え、そのうえで介護職に就く熱意・意欲をアピールすることです。

人と向き合う介護福祉士の仕事では、専門性だけではなく人間性も問われます。

「人の役に立つ仕事がしたい」「身内に要介護者がいて介護の重要性を知った」「高齢者と接することが好き」など介護福祉士の志望動機は人によって異なりますが、採用試験では「本当に信頼に値する人なのか?」という観点で判断されることも多いため、この仕事になぜ就きたいと思ったのかを自分の言葉でアピールしましょう。

志望動機を書くときの心構え

求職をするとき、「志願書」は人事採用の際の重要な資料となります。

一般的には、志願書を提出する書類審査(1次審査)というものがあり、書類審査が通過すると面接(2次審査)が行われます。

とくに、新卒に求人を出すときは、介護福祉士養成校の就職指導課などを通して、このような流れで新卒者をふるいにかけて、人材を求めていきます。

そこで、「志願書」に書かれている志望動機は人事採用者が求職者の人物を見分ける、重要な資料となります。

どれくらい仕事に熱意があるのか、介護の仕事に適性があるのか、どんな強みがあるのかなど、人物像が着目されます。

志望動機を書くためには、まず自己を知ることが大切です。どんな介護福祉士になり、どのように働いていきたいのか、思い描くことから始めてみるとよいでしょう。

また、施設・企業によって運営方針や理念は異なるため、その内容をよく理解したうえで、なぜその施設・企業で働きたいのかについても志望動機に盛り込むとよいでしょう。

仕事体験談