助産師の魅力

赤ちゃんの誕生に立ち会える

助産師の仕事の最大の魅力は、赤ちゃんの誕生に立ち会えることです。赤ちゃんが元気な産声をあげたとき、その場は本当に幸せな空気に包まれます。その瞬間に立ち会えることこそが、最大の魅力といってもよいでしょう。

産科の医師との違いは、助産師は陣痛がきてから産まれるまで産婦さんにつきそっているということです。陣痛のつらい時に一緒にいることで、信頼関係が生まれます。

心を通わせて一緒に赤ちゃんを迎えてあげられた時には同じ女性として喜びを感じることでしょう。出産直後のお母さんの笑顔は本当に美しいです。

病院の中でも産科は赤ちゃんの声が聞こえて、とても明るい雰囲気です。笑顔で退院されるご家族を見守ることができる職場です。

働き方を選べる

女性は、いつか結婚し子どもを産み育てる時期がくるかもしれません。その時に、総合病院で夜勤のあるハードな仕事を続けることは、難しいこともあります。

助産師であれば、自分のライフサイクルに合わせて働き方を変えることも可能です。数年、しっかりと助産師の仕事を覚えればたいていどこでも働くことができます。

助産師資格を持っている人は少なく、ニーズは溢れているので就職に困ることはほとんどありません。

開業権をもっている

医師、歯科医師以外の他の医療職(看護師、保健師など)との大きな違いは、助産師は開業権を認められているという点です。出張助産師として、母乳ケアや育児相談、新生児訪問など、地域と密着した仕事をすることもできます。

技術をみがき、分娩を取り扱う助産院を開業すれば、産婦さんと一対一でじっくりと向き合うこともできるでしょう。

助産師は、病院でも地域でも、女性から頼られる存在です。その分、常に自己研鑽をつむことを求められます。

お産は思うようにすすむことばかりではありません。時には悲しいこともあるでしょう。しかし、どんなにつらいことがあっても赤ちゃんやママたちの笑顔をみて感謝の言葉を聞くと、また頑張ろうと思える。助産師はそんな魅力のある仕事です。

仕事体験談