助産師になるための学校

現在、助産師になるための学校には、専門学校、大学の助産師コース、大学院の3つの選択肢があります。

専門学校

1年制の専門学校が主流ですが、最近2年制のコースを設定している学校もあるようです。看護専門学校または看護大学を卒業し、看護師免許を所持している人のみが入学できます。

専門学校では、一年間、助産師になるための勉強に集中することができます。夜間のお産介助の実習に備えて全寮制をとっているところもあります。

入学の方法としては、看護学校からの推薦入学、働いている施設からの施設推薦入学、一般入学などがあります。全国に学校が少ないため、一般入試の倍率は毎年高いので狭き門となっています。

4年制大学の助産師コース

看護大学に入学し、看護の勉強をしながら4年次に助産師の勉強もして4年間の大学生活の中で看護師、助産師、(場合によっては保健師)の資格を取得します。そのため大変忙しい実習となることが多いようです。

2月の国家試験の時期には看護師、助産師、(保健師)の3つの試験をおおよそ1週間の中で受験するため試験の勉強を要領よくしていくことも必要となってきます。

大学院

最近になって、助産師コースを大学院化する傾向がでてきました。1年で助産師の資格をとるのはカリキュラムがきつく、学生が昼夜関係なく勉強や実習をしなければならないため、余裕をもって学ばせるためだと考えられます。

デメリットとしては、学士を持っていないと入学資格がなく、看護専門学校卒の人は入学できない、時間と学費がかかる、などがあります。

仕事体験談