柔道整復師と整体師の違い

柔道整復師と整体師

柔道整復師と整体師は、どちらの言葉にも「整」という文字が含まれており、体を整えることと、回復させること仕事のため、同じ職種だと思われる人が多くいます。

柔道整復師を目指しているという人に実際に話を聞いてみても、憧れの仕事は柔道整復師ではなく整体師の方であったり、その逆のこともあります。柔道整復師と整体師では有する資格が異なりますし、その資格の取得方法についても異なります。

そして、仕事内容についてもいろいろと異なる点があります。
整体師の仕事

柔道整復師とは

「柔道整復師」とは国家資格を取得してなることができる職業です。柔道整復師になるには、厚生労働省の許可した専門学校か、文部科学省の許可した大学にて3年以上勉強することが必要です。

勉強分野は解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学、柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学など多岐にわたります。

その上で柔道整復師の国家試験を受験し、免許を取得しなければならないのです。接骨院の先生は、皆この国家資格を所有しています。また、柔道整復師の治療には保険が適用されます。

整体師とは

一方の「整体師」には国家資格はなく、民間の資格のみで、その基準もさまざまです。柔道整復師になるのは専門的な勉強を3年以上行った上で国家試験を受けなくてはなりませんが、整体師は短いところでは3ヶ月〜6ヶ月の勉強で資格を取得することができます。

整体師には整体院に勤務する、または独立開業するなど道があり、仕事内容は補完医療や相補医療とも呼ばれる代替医療を行います。

代替医療とは西洋医学以外の医学や医療の総称で、代替医療のひとつであるカイロプラクティックという整体のことを聞いたことがある人は多いでしょう。こうした整体を行うのが整体師です。

整体師は柔道整復師と異なり、患部の治療を行うことができません。カイロプラクティックなど代替医療は保険が適用されず、保険外診療となるため、治療費が高くなります。