柔道整復師と理学療法士の違い

柔道整復師と理学療法士

柔道整復師と理学療法士はどちらも専門学校、または大学で3年以上、専門知識や技術を勉強しなければならないこと、また国家資格を取得しなければならないこと。そして病院内では仕事場が同じである類似点をあるため、どこが異なるのかわかりづらいところがあります。

また、柔道整復師も理学療法士の年々志望者が増えているという傾向についても似ています。

確かに柔道整復師と理学療法士はその免許の取得方法など似たところがありますが、免許を取得した後の仕事場の種類や、仕事内容など、異なる部分がたくさんあります。
理学療法士の仕事

柔道整復師は施術ができる

柔道整復師になるには柔道整復師の国家資格が必要で、その資格以外の資格をもって柔道整復師になることはできません。

同様に理学療法士になるには理学療法士の国家資格が必要で、柔道整復師の国家資格を持っているといって理学療法士になれませんし、その逆も不可能です。柔道整復師と理学療法士では資格の種類が異なるのです。

そして柔道整復師と理学療法士が全く異なる点は施術を行うことができるかどうかでしょう。柔道整復師は、骨折や脱臼など損傷の状態によっては、施術を行うのに医師の指示を受けなくてはなりませんが、そうでない場合は、業務の範囲の中で診察して施術を行うことができます。

しかし、理学療法士は業務の範囲であっても診察したり、施術を行うことはできません。理学療法士が施術を行う場合は、必ず医師の指示を受けて行う必要があります。

開業権があるかどうか

医療従事者といわれる職業には医師や看護婦などさまざまな職種があり、柔道整復師と理学療法士のこの医療従事者です。医療従事者には、開業権があるものとそうでない職種の2種類があり、柔道整復師は開業権がありますが、理学療法士には開業権はありません。

理学療法士は病院内で仕事をする職業なのです。そのため、柔道整復師は健康保険の請求を行うことができますが、理学療法士は健康保険の請求を行うことはできません。