児童指導員になるための学校(大学、専門学校、短大、通信)

児童指導員として働くためには、まず「児童指導員」の任用資格を取得する必要があります。

この資格の取得方法はさまざまありますが、代表的なものは、特定の学校を卒業する方法です。ここでは、どのような学校に通えば児童指導員になれるのかを紹介していきます。

大学で学ぶ

児童指導員の任用資格を取得するための方法のひとつは、「4年制大学の特定の学部」で学ぶことです。

具体的には「心理学、教育学、社会学」を指しており、そこで指定の科目を修めることによって、卒業と同時に資格が取得可能となっています。

なお、一般的な通学制の大学・学部のほか、心理学や社会学を学べる大学の「通信教育部」においても、児童指導員の任用資格が取得できるところもあります。

養成施設で学ぶ

学校で児童指導員の任用資格を得るもうひとつの方法は、「厚生労働大臣の指定する養成施設」に通うものです。

養成施設とは、児童指導員養成のための科目が設置されている学校のことをいいます。あまり数は多くありませんが、福祉系の専門学校で指定されているところがあります。

教諭の免許状を取得する道も

上記に挙げた方法のほか、小・中・高等学校のいずれかの教諭の免許状を取得することでも、児童指導員になることができます(種別や教科は不問)。

特定の大学や養成施設で学ぶことを考える場合、どうしても進学先が制限されがちですが、教諭の免許状であればさまざまな大学や短大で取得することができるため、この方法によって児童指導員になる人も少なくありません。

ただし、児童指導員の求人数はあまり多くなく、任用資格を取得しても必ずしも就職に結びつくとは限らない点には注意が必要だといえるでしょう。