飲食店の給料・年収

大手は役職ごとに定められている

大手チェーン店の場合、ほとんどの会社が月収22~30万円の間で、役職ごとの差を設けて給与額を定めています。

店長クラスで平均給与はだいたい25万円前後。年収に換算すると300~350万ぐらいが妥当です。同規模の会社間であれば、給料に大きな差はないと考えていいでしょう。

また、昇給は役職が上がらない限り、大きくは望めません。

中小は売り上げ次第

中所規模の飲食店の場合、大手のように段階的な役職の振り分けが定められていないことが多いです。したがって給料も利益率で決まっていくことになります。

つまり月の売上から諸費用を引き、残った額が給料になるという形です。1ヶ月に400万円売り上げたとして大体25~30万の間になるでしょう。

利益率の高い店舗であれば薄給といわれる飲食業界の中であっても比較的高水準の収入を得ることは十分見込めます。

ただし売り上げによる変動が大きく安定しないというデメリットがあることも覚えておきましょう。

大手はボーナスあり

大手チェーンの場合、規定に則ってボーナスが支給される会社がほとんどです。

募集要項に賞与回数が謳われている会社であれば余程の事がない限り、ボーナスが支給されると考えていいでしょう。

月収が低めであったり、昇給が少なかったりといった点をボーナスの支給で相殺するという構造になっているというわけです。

中小規模はボーナスなし

逆に中小規模の飲食店の場合、ボーナスはほとんど期待できません。その代わり、売り上げの良い時期には大入りといった形で還元されたりします。

また社会保険などの福利厚生が整っていないところも珍しくありません。

手取り金額が多少良くても自身で保険に加入し、支払いを行わなければならない可能性もあることを理解しておきましょう。