女性の飲食店社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の飲食店社員の現状

飲食店社員は男女の別なく活躍できる職種です。

飲食店のサービスには男女の区別がありませんし、女性ならではの気配りや接客、店舗づくりで繁盛している飲食店は非常に多いです。

実際、女性が店長として切り盛りしている店舗も多くありますし、調理でも活躍できることはいうまでもありません。

女性の飲食店社員の強み・弱み

女性ならではの視点で、より良いサービスを提供できることは大きな強みです。

トイレをはじめとした店舗内がきれいに整えられているか、ホールスタッフの言葉遣いはどうか、カトラリーは適切かなど、女性ならではの気配りやサービスが役立つことは非常に多いです。

その一方、意外と肉体労働の多い飲食業界は体力勝負で、力仕事も多いことを覚悟しておかなくてはいけません。

また生活リズムが不規則になりがちであることから、身体に支障をきたしてしまう人も中に入るのが現状で、人一倍健康管理に神経を使うことが不可欠であるといえます。

さらに、時には客からの理不尽なクレームに対応しなければならないこともあります。

女性だということで足元を見られることも残念ながら少なからずありますが、そんなときは怯むことなく毅然とした対応が求められます。

飲食店社員の結婚後の働き方・雇用形態

結婚後も家庭と両立しながら働きたいという女性は少なくありませんが、拘束時間が長く、土日祝日が勤務の中心である飲食業界は、結婚や出産を機に退職する人が非常に多いです。

家庭との両立は難しいと考える人が多いほど、過酷な仕事であることは理解しておきましょう。

飲食店社員は子育てしながら働ける?

飲食業界にも、もちろん産休や育休制度はあり、とくに本社勤務の場合は産後に復帰する人も多いです。

ただし店舗勤務の場合、長時間労働であることや、店舗のスタイルによっては勤務時間が夕方から夜にかけてであることから、結婚・出産後もそのまま働くという現実は非常に難しいです。

産後も現場に復帰するという人は非常に少ないといっていいでしょう。

一方で、女性が働きやすい環境を整備し始めている企業も増えてきており、周囲の協力や理解を得れば、そのまま働き続けることは不可能ではありません。

また、結婚、出産を経てアルバイトやパートタイマーとして飲食業界に再度携わることを選ぶ人もいます。

さらに、現役時に取得した資格を活用して開業したり、夫婦で店舗を構えたりすることを考える人もいます。

飲食店社員は女性が一生働ける仕事?

飲食業界は、女性が一生同一の企業で働き続けることは難しいかもしれません。

ただし、一度飲食店の店員を経験しておけば、どの飲食店でもその知識やスキルを生かすことができます。

また、飲食業界は転職も多く、アルバイトやパートタイマーなどさまざまな働き方が可能ですし、自ら開業することもさほど難しくはありません。

ライフスタイルに合わせながら、飲食業界に関わっていくことは十分可能です。