飲食店社員に向いている人・適性

飲食店社員に向いている性格・適性

人と接するのが好きな人

飲食店業務の中心はなんといっても接客です。

老若男女問わずコミュニケーションをとるのが得意で、人をもてなすことに喜びを見出せることは最低条件であるといえます。

飲食店では接客対応の良し悪しが客足にダイレクトに影響し、店の売り上げを左右します。

そのため、採用の際も接客経験の有無やコミュニケーション能力、第一印象などが重視されるでしょう。

体力のある人

飲食業が肉体労働であることは意外と忘れられがちです。

飲食店で働く場合は主に立ち仕事であり、ピークタイムには休憩が満足にとれないほど多忙を極めます。

また営業時間によっては早朝や深夜に勤務することもあるため、不規則な生活にも順応できる人が求められます。

アルバイトと違い、拘束時間が長く現場で過ごすことの多い社員は、まさに体力勝負であるといえます。

面倒見のいい人

飲食店の社員の重要な業務にアルバイトをはじめとしたスタッフの教育があります。

基本的な接客対応を始め、身だしなみに至るまであらゆる業務を分かりやすく指導する必要があるため、面倒見がよく、人を育てることにやりがいを見出せる人は適性があるといえるでしょう。

また、スタッフの性格や適性に合わせ、根気強く指導を続けることも大切です。

アイデアマン

店舗の売り上げ向上は、社員ならではの大きな役割です。

本社の戦略を理解しながら、自身でも試行錯誤しながらアイデアを出し、チャレンジする精神が必要です。

たとえば新しいメニューを開発してみたり、独自のキャンペーンを企画してみたりなど、発想次第で大幅な売り上げアップが期待できるのがこの仕事の醍醐味でもあります。

言われたことだけをやっているのでは社員としての力量はアップしていかず、当然出世にも響いてきてしまいます。

臨機応変な対応ができる人

スタッフがお客さまとトラブルを起こした、お客さまからクレームが入ったなどの場合の後処理も社員の仕事です。

接客のマニュアルはあるものの、その場の状況に応じた臨機応変な対応ができなくては、お客さまを納得させることはできません。

また、スタッフを守るという点では、理不尽なクレームには毅然とした対応を取ることも大切です。

飲食店社員として働くには(大学・学歴・学部)

飲食店社員に向いていないのはどんな人?

社員として働く際には、スタッフのリーダーとして円滑な人間関係を築くことも重要な役割です。

そのため人の上に立つ人は、人間的な魅力がなくてはなりません。

もし元気がなかったり、自信がなかったり、スタッフをまとめられるリーダーシップが発揮できなかったりすれば、スタッフは誰もついてこないでしょう。

従業員が気持ちよく働ける店は活気があり、雰囲気が良く、多くのお客さまで賑わっているものです。

どんなスタッフからも慕われるような人間としての魅力やリーダーシップを持っていることは、飲食店の社員として大切なことなのです。