【2021年版】バリスタの年収・給料はどれくらい? 初任給やボーナス、統計データも解説

バリスタの平均年収・給料の統計データ

バリスタは、バール・カフェ・レストランなどの飲食店に勤めるほか、独立開業してオーナーバリスタとして働く人もいます。

正社員以外に、アルバイト・パートとして働く人も多くいるので、実際の給料・年収は勤務先や雇用形態、また自らの経験や実力によっても大きく変わってきます。

バリスタの平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

厚生労働省の令和2年度賃金構造基本統計調査によると、バリスタの平均年収は、44.1歳で333万円ほどとなっています。

・平均年齢: 44.1歳
・勤続年数: 8.6年
・労働時間/月:169時間/月
・超過労働:9時間/月
・月額給与:249,700円
・年間賞与:332,300円
・平均年収:3,328,700円

出典:厚生労働省「令和2年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
バリスタ
(Indeed)
4,283,349円 時給1,158円
日給 14,448円
月給 303,268円
バリスタ
(求人ボックス)
385万円(正社員) 派遣社員平均時給 1550円
アルバイト・パート平均時給 930円
バリスタ
(転職ステーション)
293万円
バリスタ
(給料バンク)
202万円~261万円 平均給料:16万円
20代の給料:14万円
30代の給料:19万円
40代の給料:24万円
初任給:12~万円

各社の統計データをまとめると、バリスタの年収は200万円~420万円ほどがボリュームゾーンになると考えられます。

各社で平均年収にやや差が出ているのは、アルバイト・パートまで含めた給料か、それとも正社員のみの給料か、という違いがあると思われます。

正社員であれば350万円前後の収入を得ている人が多いようですが、アルバイト・パートの場合、200万円程度の収入に留まるケースも珍しくないでしょう。

バリスタの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

大手企業が経営するカフェやレストランでは平均年収は330万円前後と推定されます。

企業勤めの場合は社会保険が完備されていることが多く、手取りにすると月給18~25万円程度が見込めます。

ただし、一部の企業を除けばボーナスの支給はなかったり、あっても給料1ヵ月分にも満たないこともあります。

個人経営の店舗では社会保険の制度がない場合が珍しくないため、一見手取りは多く感じられても、そこから自分で国民年金や国民健康保険の保険料を納める必要があります。

バリスタの初任給はどれくらい?

バリスタの初任給は、月給にして18~20万円前後が一般的とされています。

店舗によってはアルバイトからのスタートとなり、スキルを身につけて契約社員、正社員へとステップアップすることもあります。

下積み時代は給料がなかなか上がらず、また勤務先によっては拘束時間が長かったり、休みが週に1日程度しかなかったりで、少々厳しい生活になるかもしれません。

バリスタの勤務先の規模別の年収(令和2年度)

バリスタの年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。

10〜99人規模の事業所に勤めるシェフの平均年収は318万円、100〜999人規模は333万円、1,000人以上の規模では352万円、10人以上規模の事業所平均は333万円となっています。

上記グラフの基タイトルは「飲食物調理従事者」で調理師、板前、寿司職人、バーテンダーなど他職業を含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

バリスタの勤務先の年齢別の年収(令和2年度)

令和2年度賃金構造基本統計調査によると、バリスタの年収は、年齢が上がってもあまり変わらない傾向にあります。最も年収が高い世代は、40~44歳の387万円です。

全年代の平均年収は333万円となっています。

上記グラフの基タイトルは「飲食物調理従事者」で調理師、板前、寿司職人、バーテンダーなど他職業を含むデータです。

バリスタの福利厚生の特徴は?

バリスタの福利厚生は、勤務先によってかなり変わってきます。

大手企業の運営するカフェやバール、レストランなどでは、各種社会保険が完備されていることが多いです。

その他、交通費支給や制服貸与、まかないなどが、バリスタの勤務先の福利厚生としてよく見られます。

ただしアルバイトだと、このような福利厚生が適用されない場合もあります。

一方、個人経営の店舗ではアルバイトや非正規雇用で働くことが多く、ほとんど福利厚生がない場合も珍しくありません。

バリスタの給料・年収の特徴

経験・スキルによって給料が変わりやすい

バリスタは専門的な技術が必要になる仕事ですから、未経験者や経験が浅いうちは、あまりよい給料がもらえない場合が多いです。

正社員であっても、年収にすると300万円以下に留まる人も比較的多いとされ、他の職業と比べて特別に収入がよいとはいえません。

しかしスキルを身につけていくことで昇給が期待できますし、店長やマネージャーなどの役職者になれば手当がつくこともあります。

また、大会やコンテストで入賞し、知名度を上げることで、よりよい待遇の下で働けるチャンスがつかめます。

給料以上の「やりがい」を求めている人も多い

バリスタは単純な給料の良し悪し以上に、この仕事が大好きで、やりがいを求めて働いている人が多くいます。

飲食業界は全体的に拘束時間が長くなりがちで、あまり待遇がよくないと言われることもありますから、好きでないとなかなか続かない仕事だといえるでしょう。

それでも、もちろん生活していくためには最低限の収入は必要です。

店舗よって給料や待遇にはかなり違いがあるため、勤務先を探すときにはしっかりと情報を調べていくことが重要です。

バリスタの勤務先別の給料・年収

大手企業が運営する飲食店で働くバリスタ

バールやカフェ、レストランなどに所属して働く人の場合は、店舗(店の運営会社)から給料が支払われます。

どれだけの給料が得られるかは、勤める店舗の規模や種類などによってまちまちですし、同じ店であっても雇用形態(正社員、契約社員、アルバイトなど)によって異なります。

大手企業が運営する飲食店で正社員として働く場合、月給20万円~30万円程度が相場とされています。

ただしリーダー、マネージャー、店長といったような役職につくことで昇給や役職手当が支給され、さらに多くの収入を得ることも可能になってきます。

個人経営のカフェ等で働くバリスタ

バリスタが勤務するバールやカフェなどは、個人経営の店舗が多くあります。

その場合、大手企業の飲食店ほどの給料は望めない場合も多く、福利厚生も充実していないのが一般的です。

しかし、小さな店でも実力が認められると、かなり好待遇で雇われることもありますから、一概に給料が低めだとはいえません。

バリスタの正社員以外の給料・年収

派遣社員のバリスタ

派遣のバリスタとして働く人は、さほど多いわけではありません。

一般的なオフィスワークの派遣とは異なり、企業などが各種パーティーやイベントなどを開催する際に、来場されたお客さまに対してエスプレッソやラテアートなどのサービスを提供するのがおもな仕事となります。

この働き方では、1つの案件ごとに報酬をもらう形が一般的です。

経験・スキルによって報酬の額は異なり、バリスタの大会で入賞経験があるなど知名度があると、より高額な報酬を得やすくなります。

アルバイト・パートのバリスタ

アルバイト・パートのバリスタは数多くいます。

有名店だと、まずは全員「見習い」としてアルバイト・パートからスタートし、実力や経験に応じて社員へステップアップするしくみをとっているところもあります。

アルバイト・パートの給料は地域によって異なりますが、大都市圏だと時給1,000~1,100円程度からのスタートが一般的です。

独立・開業のバリスタ

独立し、自分の店を出しているバリスタもいます。

オーナー兼バリスタになる場合、店の売上が自分の収入に直接関わってくるため、繁盛させることができればかなりの高収入を得ることも夢ではありません。

しかし、数多くの飲食店があるなかで勝負するのは簡単なことではなく、勤めているときより収入が落ちる可能性も頭に入れておく必要があります。

店を運営するためには光熱費や家賃なども必要となるため、お客さまが全然集まらなければ赤字になってしまう可能性もあり得ます。

バリスタの働き方の種類とその特徴

バリスタが収入を上げるためには?

バリスタは専門的な技術を持つ職人的な仕事であり、経験が浅いうちは給料が低めですが、スキルを磨いていくことで収入アップが目指せます。

国内外のバリスタの大会で入賞経験があったり、バリスタの資格を持っていたりすると、就・転職の際に優遇されるケースが目立ちます。

店舗にとっても「腕のいいバリスタ」が在籍していることが、ひとつのPRポイントになるからです。

もちろん、持っているスキルを現場で生かせることが大前提ですが、有名店で働く一流バリスタになれば、収入をアップさせやすくなります。

独立・開業して収入を上げるには、バリスタとしての技量に加え、経営的なセンスや営業努力も大事な要素となります。