飲食店社員の一日

1日の流れ

営業時間やピークタイム、役職によってまちまちですがここでは「店長」の例をとって1日のタイムスケジュールを見ていくことにします。

店長の1日

・営業時間:11:00~23:00
・ランチタイム:11:00~15:00
・ディナータイム:17:00~23:00

10:00 出勤・掃除
仕込みが必要な場合はもう少し早めの出勤になります。
10:40 朝礼・ミーティング
開店時に勤務するアルバイトが揃ったら集合し各種伝達を行います。
11:00 営業開始
ランチタイムの営業が始まります。
12:00 ランチタイムラッシュ
ランチタイムのピークを迎え、従業員総出で対応します。
13:00 ランチタイムラッシュ終了
客入りが落ち着き始めたら営業を続けながら、ランチの片付けやディナーの準備を並行して行います。
15:00 食事
まかないと呼ばれる従業員向けの食事をとります。
15:30 一時閉店・休憩(1時間)・ディナー準備
ディナータイムに向け、店を閉め、準備中とします。自身の休憩もこの時にとります。
16:30 掃除開始
ディナー営業に向けて準備を行います。
16:45 夕礼・ミーティング
ディナータイムに勤務するアルバイトが揃ったら集合し各種伝達を行います。
17:00 営業開始
ディナータイムの営業が始まります。
19:00 ディナータイムラッシュ
ランチ同様、ピークタイムは大忙しです。
21:30 ディナータイムラッシュ終了
営業の傍ら、片付けや翌日のランチ準備を行います。
23:00  閉店
片付け、掃除をアルバイトに任せ、レジ締めを行い、一日の売り上げを確認、営業日報を作成します。
0:00  退勤
戸締りや火の元の確認を行い、帰宅します。

基本的にはアルバイトを動かす立場

飲食店の社員の多くはアルバイト同様に実際の店舗で接客や調理を担う一方で責任者として事務作業及びトラブル対応を行っています。

接客や簡単な調理はアルバイトに任せますがピークタイムには自身も現場で適宜対応することになります。

営業終了後も仕事は山積している

飲食店社員の重要な業務として挙げられるのが売り上げの管理です。営業時間が終わるとまず売り上げを計上し、日報を作成、本社に連絡します。

これはアルバイトには任せられない、社員ならではの業務です。営業形態によっては帰宅が深夜になることも珍しくありません。

複数店舗をまわるエリアマネージャー

店長のように配属された店舗でのみ勤務しているのではなく、複数店舗を任されているエリアマネージャーの場合、一日の多くを異動に費やすことになります。

時には本社に出社することもあり、タイムスケジュールが立ちにくい役職です。また人手の不足している店舗のシフトに入ることもあります。

飲食店の勤務時間・休日・残業は多い?