飲食店への転職・中途の未経験採用はある?

飲食店への転職状況は?

飲食業界は非常に入れ替わりが激しく、飲食業界を専門にした求人サイトもあるほど中途採用の門戸が広いのが業界の特徴です。

学歴や資格も不要、未経験者優遇としている求人が多いので、特別な準備をせずに転職活動を始めることができます。

飲食店への転職の志望動機で多いものは?

飲食店への転職で多いものは、よく利用している店舗で求人があったというものです。

また、ある飲食店で経験を積んだ人がスキルアップのために他の飲食店に転職するというのもよくある話です。

経験者は即戦力として優遇されるので、このケースは転職活動がしやすいといえます。

ただし、飲食店は種類が多く求人数も多いため、そのなかでなぜその企業に入りたいと思うのかは、しっかりと考えておく必要があります。

飲食店の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験から飲食店で働くには

他業種からの転職の場合、飲食店が募集する求人に応募し、採用されなくてはなりません。

どんなに前職でキャリアがあったとしても、飲食店ではまったく生かせないということも覚悟しておきましょう。

飲食業界では、業界での経験がすべてです。

年齢によっては自分よりかなり若い先輩から指導を受けることになりますが、それでもゼロから学ぶ気持ちで仕事に向き合えるかどうかをよく考慮した上で転職活動を行うようにしましょう。

また、飲食業界は正社員といえども給与水準が低い傾向にあります。

転職することで収入が大きく減る可能性が高いため、しっかりとした転職計画を立てるべきでしょう。

飲食店への転職に必要な資格・有利な資格

転職の時点で特別な資格が必要とされることはありません。

ただし前職で飲食業界を経験していた場合、食品衛生責任者や防火管理者といった資格は取得してから新しい職場を探すようにするとよいでしょう。

前職での経験を生かす意味でも、資格を取得しておくことで自分の能力をアピールすることができます。

飲食店社員に必要な資格、スキル

飲食店への転職に役立つ職務経験は?

接客経験

飲食店で働く場合は、接客業務は避けられません。

明るく礼儀正しい接客ができることは、非常に大きな強みになるでしょう。

とくに、アルバイトなどですでに接客経験がある場合は、基本的な接客スキルが身についているとみなされ、優遇されます。

語学力

飲食店は、立地にもよりますが海外からのお客さまも多いです。

英語をはじめとしたさまざまな言語が少しでも話せれば、いざというときに役立つでしょう。

とくに英会話ができる人は非常に歓迎されます。

特に観光地や商業地域では「海外からのお客さまの対応ができる」ことは大きなメリットです。

調理の資格

調理スタッフを目指す場合は、調理師や製菓衛生士など飲食に関する資格を取得しておくとよいでしょう。

調理は資格がなくてもできる仕事ですが、知識や実力をアピールするには非常に有効です。

飲食店に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

飲食店の求人を見ると年齢不問としている会社も多い中、35~40歳を上限としている会社が目立ちます。

飲食業界は体力的にもハードな職種であり、若年層がメインであるため、年齢が高いと難しい部分があるのが実情です。

転職を決意するならなるべく若い方がいいでしょう。

ただし業界での経験が長いベテランの場合はこの限りではありません。