グラフィックデザイナーに向いている人、適性

学校で習得できることと素養

構図やレイアウト、色彩、フォントなどの基本的なデザイン知識やIllustrator、Photoshopなどのスキルは学校で習得することができます。

しかしそれ以前に、グラフィックデザイナーとして成功するには、もともと持っている素養が重要なポイントになります。

グラフィックデザイナーに必要な素養

美的センスがある

勉強ではとても培うことができないのが美的センスです。

ファッションセンスを褒められる、部屋のインテリアに凝っている、絵を描くのが得意など、普段から美的センスに長けている人はグラフィックデザイナーに向いているといえるでしょう。

発想力・個性がある

いかに技術や知識が豊富でセンスがいい人であっても、クリエイティブの世界では他の人と同じような発想では活躍できません。

人にはない発想、自分だけの個性を持っていることが必要不可欠です。

コミュニケーション能力がある

グラフィックデザイナーの業務はパソコンに向かってもくもくと作業をするばかりではありません。

クライアントの意図を的確に理解するため、ディレクターやコピーライターと心を合わせて1つの作品を作り上げるため、出来上がった作品がどう見た人に響くか想像するため、コミュニケーション能力は欠かせません。

根気強い

企画の段階から入稿に至るまで、クライアントや社内スタッフからいろいろなダメ出しがあり、何度も修正を繰り返すことはデザイナーの仕事につきものです。

ひどい時には時間をかけて作ったものが一からやり直しになってしまうことも。そんな進行に耐えられる根気があることはデザイナーにとって肝心な素養だといえます。

感性や好奇心が豊富な人

その時の流行をデザインに取り入れるのは、広告でよくある手法です。

また、常に新鮮なインスピレーションを保つためにも、あらゆる方向にアンテナを張り、情報をキャッチしたり感性を磨いたりという努力が必要でしょう。