グラフィックデザイナーとアートディレクターの違い

それぞれに異なった役割がある

小規模の会社の場合、数名のグラフィックデザイナーのリーダーをアートディレクターと定めているところが多いため、アートディレクターはグラフィックデザイナーの上司の肩書きだと思われがちです。

しかし本来は、グラフィックデザイナーとアートディレクターはそれぞれに異なった役割があります。

グラフィックデザイナーの役割

広告やプロモーションツールといった主に平面のメディアにおいて、画像や文字などを効果的にデザインし、商品の良さや情報を伝えるのがグラフィックデザイナーの仕事です。

見る人の心にインパクトを与える魅力的なデザインワークを行うために、知識や技術はもちろん、美的センスや発想力、個性が求められます。

いわば「職人」として、心に響くデザインを追求していくのがグラフィックデザイナーの役割なのです。

アートディレクターの役割

たくさんのグラフィックデザイナーが所属する会社の場合、アートディレクターの職種を置くのが一般的です。

自分がデザイナーとして手を動かすことはほとんどなく、各デザイナーの仕事をチェックして修正を依頼したり、アドバイスを与えることを主な業務としています。

チェックのポイントは、クライアントの要望に沿っているか、伝えたいことが効果的に伝わっているか、自社の作品としてふさわしいクオリティか、など。

グラフィックデザインの知識が必須であるため、デザイナーとして実務経験を積んだ人が目指す職種だといえるでしょう。

社内のどのデザイナーよりも優れたセンスを持つことはもちろん、たくさんの人と円満にコミュニケーションが取れる人格も必要とされます。

いわば「現場監督」として、顧客満足度の高いデザインを追求していくのがアートディレクターの役割なのです。

両者の上下関係

ベテランデザイナーがステップアップとしてアートディレクターになるケースが多いため、上下関係が生じたり、給料に差があることは事実です。

しかし建築現場においても、ベテランの職人には敏腕監督でも頭が上がらないように、本来は対等の立場で、ともにいい作品を作り上げていく同士であるといえるでしょう。