ゲームプログラマーになるには

誰でもゲームプログラマーになれる

ゲームプログラマーになるために、必要な資格は特にありません。

メーカーなどに就職をするには予備知識なし、経験なしでは狭き門となってしまいますが、慢性的な人手不足により「初心者OK」としている企業も存在します。ですので、未経験でもプログラマー上がりでも、専門学校生でもゲームプログラマーになる道は開かれています。

ですが、大学の情報系の学部やプログラミングを学ぶことができる専門学校でプログラミングの基礎知識を身につけておくと、就職に有利になるのも事実です。

就職先としては、ゲームメーカーやゲーム制作会社があげられます。大手のゲームメーカーは競争率が非常に高いので、それなりの大学を卒業するか、誰にも負けないようなプログラミングスキルを身につけておく必要があるでしょう。

なお、ゲーム業界は平均年齢が若いため、実力があれば昇格しやすい業界です。

どんなプログラムを学ぶべきか

今の時代、ゲーム開発と一言で言っても非常に多様な種類のものがあります。Web系、Online系、スマートフォン系などです。

その中で今でも代表的なのがテレビゲームで遊ぶようなハード機を用いたゲーム開発です。この開発を行うときの言語はC++となるケースが多いです。したがって、ゲームプログラマーになりたいのであれば、C言語・C++を知っておくと幅が広がると言えます。

最もたる例がメモリの扱いです。C言語、C++はメモリの扱いがシビアなので、メモリに関しての基本的な知識を身に付けることができます。

この経験は他言語になったとして大いに役立ちますし、特にゲーム業界ではメモリの扱いはデリケートなことが多いので、間違いなくC言語、C++で学んだことが生きてくると言えます。

ゲームプログラマーに求められる能力

<ゲームが好き>
ゲームプログラマーは楽な仕事ではないので、ゲームが本当に好きでないと続かない可能性があります。

<論理的思考力>
プログラムは論理的な思考を必要とする作業です。数学や物理などの理数系に強いことが求められます。また、常に新しい技術が出てくる業界であるので、向上心があり、好奇心旺盛であるタイプが向いていると言えるでしょう。

<協調性>
ゲームはゲームクリエイターやゲームデザイナーなどと一緒にチームで作成するものであるため、プログラミングができるというだけでなく、協調性も求められます。

<遊び心がある>
ゲームは、ユーザーにとっては娯楽です。娯楽に遊び心がなければ面白くありません。作る側も遊び心がなく「楽しくない」と思いながら作ったゲームが楽しいものになるのかということです。

ゲームプログラマの心得として「遊び心」を持っているのも「なるための重要な要素」だと言えます。

ゲームプログラマーの現状と今後の見通し

携帯電話やスマートフォンのゲームが普及し、ゲームは広がりつつあります。ゲーム機も新しい機種が数年ごとに発売されている状況で、変化の激しい業界です。

ゲームプログラマーは、新しい流れに対して、柔軟に対応していくことが求められます。

ゲームソフトの売上高

ゲームソフトの売上高は年々減少していましたが、平成23年を底に、やや回復傾向にあります。スマホの普及に伴い、ソーシャルゲーム市場は拡大しており、ソーシャルゲームへのシフトが進んでいます。
ゲームソフト売上高_26

ゲーム国内販売本数シェア

2009年度の統計ですが、国内販売本数シェアトップは任天堂の23.9%。次いでスクエア・エニックスの13.3%、バンダイナムコゲームスの11.8%となっています。
国内販売本数シェア2009年のグラフ