ドラッグストア店員として働くには(大学・学歴・学部)

ドラッグストアに就職する

ドラッグストア店員として働く方法として代表的なものは、ドラッグストアを運営する企業へ就職することです。

大手ドラッグストアの場合、たいていは「総合職」として大卒者や短大卒業者を対象とする新卒採用を実施しており、その場合は入社後まず各店舗に配属されて、店員として働くことになるようです。

なお、一定の経験を積んだのちには、本人の適性や成果などに応じてスーパーバイザー、バイヤー、商品開発、経営企画、総務人事といった本部での仕事に配置転換されることもあります。

上記は学校を出たのち、就職して正社員として働くための代表的な道ですが、このほかドラッグストア店員はアルバイトやパートとしての採用も多くあります。

その場合、アルバイトの求人情報誌や求人サイトなどで情報を見つけ、応募することでドラッグストアとして働く道が開かれます。

特別な資格があると、就職先の選択肢は広がる

ドラッグストアには、「店員(一般的なスタッフ)」のほか、「登録販売者」や「薬剤師」の資格を持って活躍する人もいます。

2009年に改正された薬事法により、現在ドラッグストアに置かれている一般用医薬品は、その種類によって、登録販売者あるいは薬剤師に限って販売できるようになっています。

登録販売者の仕事

一般用医薬品は「第1類」「第2類」「第3類」の3種類があり、このうち第2類と第3類については登録販売者が扱うことができますが、第1類については薬剤師でなければ販売できなくなっています。

こうした理由から、ドラッグストアには登録販売者あるいは薬剤師の有資格者が不可欠となっており、これらの資格を持っていると、就職しやすかったり待遇面などで優遇されたりすることがあります。

企業によっては、薬剤師の有資格者(取得見込者)は、総合職とは別の区分で採用試験を実施しているようです。

薬剤師の仕事

必要な学歴は?

ドラッグストアいち店員として働くのであれば、学歴や、学校で勉強してきたことがさほど問われることはありません。

大手での新卒採用では「大卒以上」あるいは「短大卒以上」が条件となっていることがありますが、アルバイトやパートであれば学歴不問であることがほとんどです。

ただし、薬剤師になるためには大学の薬学部か薬科大学で6年間の過程を修了する必要があります。

一方、登録販売者の資格については、誰でも試験を受験することが可能です。

仕事体験談