ケースワーカーとケアマネジャーの違い

介護分野に精通し、介護の計画を立てるケアマネジャー

ケアマネジャーとは、法律上では「介護支援専門員」といい、要介護者およびその家族と介護サービスを提供する施設をつなぐ、橋渡し的な立場になる仕事です。

対象者一人ひとりの困りごとを把握し、その人に合った介護サービスを組み立てていくプランナーとしての役割を担います。

ケアマネジャーの中心業務は、介護サービスの内容を計画する「ケアプラン」の作成です。介護保険制度や、医療や福祉のさまざまなサービスに対する知識が求められる仕事です。

ケアマネジャーの仕事

社会福祉全般の相談員となるケースワーカー

一方、ケースワーカーは、主に福祉関連施設における「相談員」としての役割を担います。

生活保護に関する問題を中心に、高齢や障害などによって日常生活を送るうえで困難を抱える人に対し、関連機関と調整を図りながら一人ひとりに適した個別援助を行います。

社会福祉全般の知識を持つケースワーカーとケアマネジャーの違いのひとつは、ケースワーカーの対応範囲が介護の領域に留まらない点にあるといえます。

勤務先や資格にも違いが

ケースワーカーは、福祉事務所を中心に、役所の社会福祉課や児童相談所といった行政機関で公務員として勤務します。必要となる資格は「社会福祉主事」という任用資格です。

一方、ケアマネジャーの勤務先は居宅介護支援事業所をはじめ、介護保険施設や保険福祉センター、病院など多岐に渡ります。

必要となる資格は「介護支援専門員」であり、こちらは都道府県が実施する公的資格となります。

このように、いずれも福祉や介護に関わる仕事ですが、仕事内容や役割に関してはだいぶ違いがあるといえます。