ケースワーカーのつらいこと・大変なこと・苦労

さまざまな人の悩みを改善する裏で、ケースワーカーは多くの苦労を抱えています。もちろんそこにやりがいを感じる人もいるでしょう。しかし、大変な仕事であることはたしかです。

本記事では、ケースワーカーの仕事をこなすなかでつらい・大変と感じることを紹介します。

ケースワーカーのつらいこと・大変なこと

さまざまな問題に直面する

ケースワーカーの大変なところは、多岐に渡る相談を受け、解決しなくてはならないことです。

相談者から受ける相談内容はさまざまであり、難題なケースに遭遇することもあります。

自分1人で解決するのが難しい場合は、先輩や上司にアドバイスを仰ぎながら対応しますが、複雑なケースが連続すると精神的に負担を感じることも多くあります。

また担当案件数が多い場合はどうしても多忙になりがちです。

来所相談や定期的な家庭訪問の合間を縫って報告書の作成などの事務作業もこなさなくてはならないため、激務となる職場もあります。

勉強することが多い

ケースワーカーの仕事では、福祉関係の法律・制度に関する知識が必要となります。

カバーすべき内容は下記のように多岐に渡ります。

福祉関係の法律・制度一例
  • 生活保護法
  • 年金や介護保険制度
  • 児童手当

 など

法律・制度が改正されるたびに勉強しなくてはならないため、仕事をしながらも日々新しい知識を身につける姿勢が欠かせません。

ただし、身につけた知識はそのまま仕事に生かすことができるため、やりがいにもつながります。

ケースワーカーの悩み

ケースワーカーが直面する問題はさまざまであり、どれだけ手を尽くしてもすべての問題が解決できるわけではありません

法律や制度、福祉サービスにも限界があり、あらゆる手を尽くしても壁にぶつかることもあります。

「困っている人を助けたい」という思いが強いほど、制度上・法律上の限界に直面することも多く、目の前の人を助けられないジレンマに陥ることも多いようです。

ケースワーカーを辞める理由で多いものは?

精神的なストレス

ケースワーカーを頼る人は、日常生活を送る上で何かしらの問題や悩みを抱えています。

そのような人と上手に接するためには、高いコミュニケーション能力と、相手に対する思いやりの心が欠かせません。

なかには精神に障害を抱える人など、健常者と同等のコミュニケーションをとるのが難しい人もいます。

さらに相談者は大きな不安を抱いていることも少なくないため、ケースワーカーに愚痴や不満をぶつけてくるケースもあります。

こうした人たちと接する場合、基本的に複数人で対応することがほとんどで、上司や周りもサポートしてくれます。

ですが、人と人が深く関わる仕事であるだけに、人間関係上のストレスを感じることは多いようです。

仕事量の多さ

近年は生活保護受給者が増えていることで、ケースワーカー一人当たりが担当する世帯数も増えつつあり、なかには激務となっている職場もあります。

受給者への対応をしながら、各種手続きや書類の作成をしなくてはならないため休憩をとる暇がないという人も少なくありません。

また、毎日電話をかけたり面談を希望したりするなどケースワーカーへ不満を訴える人がいるために日常業務がままならない、施設や関係機関から時間外の対応を求められるなど、過酷な環境に耐えられず離職する人は多いようです。

ケースワーカーの苦労のまとめ

ケースワーカーは、精神的に不安定な相談者や障害を抱えた人などを相手にすることが多い仕事であるため、対人ストレスも多いようです。

また、業務内容や抱える案件数が多く、精神的・体力的に消耗しがちです。

ケースワーカーを辞める理由としては、問い合わせや面談の対応に追われて日常業務がままならず、過酷な環境に耐えきれないことなどが挙げられます。