ケースワーカーの仕事内容・役割

ケースワーカーとは、身体上や精神上などの理由によって、日常生活を送るうえでさまざまな困りごとを持つ地域住民の「相談援助業務」に就く人のことをいいます。

本記事では、ケースワーカーの業務内容やその役割などを紹介します。

ケースワーカーの仕事とは

ケースワーカーの元に寄せられる相談内容は、生活保護に関するものから高齢者や病気を抱えている人の介護、あるいは不登校の児童についてなどまで多岐にわたります。

こうした日常生活を送るうえで精神的、肉体的、社会的に困難を抱える人々の相談にのり、医師をはじめとする医療関係者などと連携をとりながら必要な援助を行います。

ケースワーカーの業務の内容

ケースワーカーが行うケースワークは、日本語では「個別援助技術」と訳されます。

これは1人で解決することが困難な問題・課題を抱える対象者が、主体的に生活できるように支援・援助を行う福祉的な援助技術のことで、具体的には生活保護受給の判定・家庭訪問や面接などを通した家庭環境や状況の調査・就労指導などがあります。

ケースワーカーの役割

ケースワーカーの役割は、さまざまな事情を抱え生活保護や社会福祉制度を利用する人の自立を促すことです。

生活保護受給者の代わりに世話をする人と考えている人も多いようですが、本人または家族がしなければいけないことにケースワーカーが手を出すは越権行為にあたり禁じられています。

ケースワーカーが働く福祉事務所はあくまで相談窓口であり、ケースワーカーからの提案を受けその後どのように生きるかは本人にゆだねられています。

ケースワーカーの勤務先の種類

ケースワーカーの代表的な活躍の場は福祉事務所です。

基本的には公務員として働き、都道府県や市町村の職員として採用され、その後ケースワーカーとして配属されます。

この仕事は特別な資格が必要ではないため、福祉職経験がなかったり福祉を専門に学んでいなかったりする人でも、突然配属される場合があります。

また児童相談所や老人福祉施設、病院などで相談員として働く職員も広義の意味でケースワーカーと呼ばれることがあります。

ケースワーカーの勤務先の種類・活躍の場

ケースワーカーの仕事の流れ

ケースワーカーの業務は「面接員」が対象者の相談にのることから始まり、それぞれの相談内容によって必要な援助の種類や方法を決定します。

次に「地区担当員」が家庭訪問や面接を行って収入や住宅事情などの生活実態を把握し、さらに具体的な援助の方針を考えます。

援助が開始されてからは家庭訪問や面談などを継続して行い、生活の状況を把握したり必要に応じて援助内容の変更手続きを行ったりしながら、対象者への支援を継続します。

ケースワーカーと関連した職業

ケースワーカーと同じような仕事に「ソーシャルワーカー」があります。

ソーシャルワーカーとは、もともと社会福祉の仕事に携わる人の総称でした。

しかし近年は国家資格である社会福祉士」を持つ人のことを指すのが一般的です。

ソーシャルワーカーは、病院で相談業務に携わる人は「メディカルソーシャルワーカー」、精神に障害を抱える人の相談援助を行う人は「精神科ソーシャルワーカー」などさまざまな呼称があり、公的機関で働くケースワーカーもソーシャルワーカーの一部だといえます。

実際の業務はケースワーカーもソーシャルワーカーも近しいところがあり、両者の線引きは曖昧で、場合によっては民間の病院や施設で相談員として働く人もケースワーカーと呼ばれることがあります。

基本的にケースワーカーと限定して呼ぶ場合は、公務員として福祉事務所で働き、生活保護に関係する仕事をしている人のことを指すことが多いようです。

ソーシャルワーカーの仕事

ケースワーカーの仕事内容・役割のまとめ

ケースワーカーは日常生活を送るうえで精神的、肉体的、社会的に困難を抱える人々の相談にのり、医師をはじめとする医療関係者などと連携をとりながら必要な援助をする仕事です。

ケースワーカーが行うケースワークは、日本語では「個別援助技術」と訳されます。

ケースワーカーの役割は、さまざまな事情を抱え生活保護や社会福祉制度を利用する人の自立を促すことです。