女性のケースワーカーのキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望するケースワーカーには、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性のケースワーカーの現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性のケースワーカーの現状

男女関係なく働ける

ケースワーカーは、男女関係なく活躍できる仕事です。

力仕事は基本的にありませんし、ケースワーカーが接する相談者には若い人から高齢者まで、また心身に障害を抱える人などさまざまな人がいるため、女性ケースワーカーが活躍する場面も多々あります。

激務であることも

ケースワーカーの仕事は決して楽で簡単なものではありませんが、プライベートを犠牲にして働かなくてはならない仕事ではありません。

公務員という立場であることから、給与や待遇は保証されていますし、男女とも同様に活躍することが可能です。

ただし、近年は生活保護受給者が増加傾向にあり、このような業務に携わるケースワーカーの仕事量も増えています。

人の生活に深く関わること、またクレームを受ける機会も多いことなどから、体力というよりも精神面でのストレスが大きく、仕事を辞めてしまう人もいるようです。

人員不足で一人当たりのケースワーカーが担当する案件数が増え、より激務となることもあるため、必ずしも安心して働けるとは限りません。

女性のケースワーカーの強み・弱み

ケースワーカーはさまざまな事情を抱えた人と接します。

女性の相談者の場合は、同性の女性を希望されることも少なくありませんし、女性ならではの問題を抱える人は、同性になら打ち明けやすいという人も少なくありません。

また児童福祉に携わる場合は、男性よりも女性のほうが柔らかく親しみやすい雰囲気で話しやすいという人も多いようです。

ケースワーカーの結婚後の働き方・雇用形態

ケースワーカーは基本的に公務員として働きます。

そのため、給料はもちろん、待遇や休暇制度などに関しても他の公務員と同様のものが適用されます。

妊娠・出産に関するものであれば、産前産後休暇や育児休業制度が利用できますし、また子どもが小さいうちは時間短縮による勤務をすることも可能です。

各自治体とも、最近では女性の活躍推進をうたっており、ワークライフバランスを重視して働ける職場づくりに取り組んでいます。

ケースワーカーは子育てしながら働ける?

公務員であれば、仕事と家庭を両立させるための制度が整っているため、無理なく続けることができるはずです。

フルタイムで仕事が続けるのが難しい場合も、子どもが小さい場合は時短勤務を認めたり、仕事が比較的楽な部署に配置転換したりするなど、働きやすいようさまざまな配慮をしているところがほとんどです。

ケースワーカーは女性が一生働ける仕事?

ケースワーカーの仕事は男女問わず活躍できる仕事ですが、ケースワーカーとして一生勤める人はあまりいません。

公務員として配置転換があるため、数年で部署異動することがほとんどで、ケースワーカーとしての経験を生かして別の部署で働くことが多いようです。

またケースワーカーとしてキャリアを積むことで、新人ケースワーカーを育てる立場になったり、チームとまとめる管理職となったりと福祉職としてキャリアアップする道が拓けます。

女性のケースワーカーのキャリアパスのまとめ

ケースワーカーは、公務員という立場であることから、給与や待遇は保証されていますし、男女とも同様に活躍することが可能です。

妊娠・出産に関するものであれば、産前産後休暇や育児休業制度が利用できますし、また子どもが小さいうちは時間短縮による勤務をすることもできます。

ただし、人員不足で一人当たりのケースワーカーが担当する案件数が増え、より激務となることもあるため、必ずしも安心して働けるとは限りません。

配置転換があるため、数年で部署異動することがほとんどで、ケースワーカーを一生の仕事にするのはシステム上難しいかもしれませんが、経験を生かせば福祉職としてキャリアアップする道は拓けます。