ケースワーカーの1日のスケジュール・生活スタイル

ケースワーカーになりたいと考えたとき、自分が望むライフスタイルに合った働き方ができるのか、1日のスケジュールはどのようになるのかが気になるのではないでしょうか。

本記事では、ケースワーカーの1日や生活スタイルを紹介します。

ケースワーカーのスケジュール

福祉事務所や病院で勤務する場合、午前中は内勤が多く、担当者の面談や電話での相談、書類作成などを担当します。

午後は当番制で働くことが多く、内勤と外勤に分かれます。

外勤の場合は訪問や面談が中心となり、生活保護や社会福祉サービスの申請希望者と実際に会い、申請の手続きや説明などを行います。

内勤の場合は直接窓口を訪れた人の対応や、申請のための書類作成や手続きなどを行います。

福祉事務所で働くケースワーカーの1日

08:30 出勤
メール等を確認し急ぎの仕事はないかチェックします。

当日の予定を確認して仕事の準備を始めます。

09:00 来訪者と面談
窓口に来た相談者と面談を行い、相手の抱える悩みや問題を把握していきます。
11:00 電話対応
地域の方々から電話で問い合わせが入ることも多いため、交代で対応を行います。
12:00 休憩
13:30 訪問調査へ
ケースワーカーの中心業務である訪問調査に出かけます。

家庭を直接訪問し、生活保護に関する申請内容が正しいものかどうか、適性に保護費が使用されているかどうかなど、実態調査によって見極めていきます。

外に出ているケースワーカー宛ての訪問者に対応を行うなど、内勤当番の日もあり、担当者と交代で行います。

16:00 事務所へ戻る
訪問調査を行った後は、その内容を必ず書類にまとめます。

保護を受けている人に連絡を入れ、次の訪問の約束をします。

17:30 残務処理
生活保護の新規申請者に対する最低生活費の計算、保護費の計算など、デスクワークを行います。
19:30 退勤

病院で働くケースワーカーの1日

8:00 出勤
始業前に面談スケジュールを確認します。

始業前に、その日の流れを把握し、職員と共有します。

8:30 始業
窓口に入り、入院してきた患者さんや受け持ちの患者さんの相談を受けます。
10:00 面談業務
転院予定の患者さんとその家族と面談し、転院のための手続きを行います。

介護保険の制度で不明点があればわかりやすく説明をし、面談が終わり次第、転院先の病院やケアマネジャーに連携をはかります。

12:00 昼食
13:00 担当者会議に参加
医師看護師、関わる医療従事者とともに、患者さんの担当者会議に参加します。

ご家族の関係や患者さんの希望する生活にあわせて、どんなケアが必要か、どのようなサービスを利用すればよいのかを話し合います。

14:00 面談業務
午後も患者さんやそのご家族と面談を行い、悩みを解決していきます。

「医療費が払えない」「治療と仕事の両立が難しい」「事情があり長期の入院や手術ができない」「退院後の生活が不安」「福祉サービスを利用したい」などさまざまな事情を抱えた人に一人ひとり向き合っていきます。

16:00 電話業務
担当している患者とその家族の状況を、ケアマネジャー、医師、看護師、一緒に担当しているソーシャルワーカーなどに報告します。

しっかり連携をすることで、多方面から患者をサポートすることに繋がります。

17:00 報告・連絡
一緒に働いている職員にきょうの業務内容や共有すべきことを報告し、情報を共有します。
17:30 退勤

ケースワーカーの勤務時間・休日

ケースワーカーの1日・生活スタイルのまとめ

福祉事務所や病院で勤務する場合、午前中は内勤が多く、午後は当番制で内勤と外勤に分かれるという働き方が一般的です。

内勤の場合は直接窓口を訪れた人の対応や、申請のための書類作成や手続きを、外勤の場合は訪問や面談を中心に行います。