ケースワーカーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

ケースワーカーを目指すきっかけで多いものは?

人のために役立つ仕事がしたい

ケースワーカーの志望動機として多いのは「人のために役立つ仕事がしたい」ということです。

人と接する仕事は多くありますが、とりわけケースワーカーは社会福祉の最前線で、生活に問題や悩みを抱える地域住民に対して相談援助業務を担います。

また福祉に関する幅広い知識・理論が求められ、専門性を発揮することで世のために活躍できる仕事です。

精神的・肉体的、社会的に困難を抱える人を支援し、その自立をサポートしたいという気持ちによって、ケースワーカーという職業に興味を持つ人が多いようです。

公務員を目指して

一般的に「ケースワーカー」と呼ばれる人の勤務先は、福祉事務所を中心とする公的機関となります。

身分は地方公務員となるため、その安定した待遇や社会的地位を魅力のひとつに感じ、この仕事を志す人もいるようです。

ケースワーカーの志望動機の考え方

ケースワーカーは公務員として働くため、資格等を取得していたとしても必ずしもケースワーカーとして働くことができないことも多々あります。

ケースワーカーの勤務を希望する場合は、社会福祉に関心があることや、ケースワーカーとしてどのように働いていきたいかをしっかりとアピールする必要があります。

特に公務員試験の場合は、ケースワーカーとして配属されなかった場合はどのように働きたいかまで考えておくとよいでしょう。

ケースワーカーの志望動機の例文×3

困っている人を助けたい場合の志望動機

「学生時代に体験学習でケースワーカーの仕事を見る機会があり、困っている人たちを助けられることや、社会貢献度の高い仕事であることを魅力に感じました。

ケースワーカーは、生活に問題を抱える人の最後の砦でもあります。

さまざまな事情を抱えた人たち一人一人に寄り添い、適切なサポートができるようなケースワーカーになりたいです。」

社会福祉に関心がある人の志望動機

「もともと社会福祉に関心があり、福祉系の大学に通ったことをきっかけにケースワーカーという仕事を知りました。

公務員として地域の人々のために働けることに惹かれ、社旗福祉主事の資格も取得しました。

これまで自分を育て成長させてくれた地元の人たちに貢献できるよう、ケースワーカーとして活躍できるように努力していきます。」

児童福祉の分野で働きたい場合の志望動機

「学生時代、児童養護施設に通う児童へボランティアを行っていました。

そこで、さまざまな事情を抱えた児童やその保護者に対してケアやサポートをするケースワーカーを知りました。

近年は児童虐待やネグレクトなどさまざまな問題を抱えた子どもが多くいることに心を痛めており、自分にできることはないかと探す中で、ピッタリの職業だと思いました。

ケースワーカーとして一人前になり、苦しんでいる子どもを一人でも助けたいと思います。」

ケースワーカーの面接で聞かれること・注意点

ケースワーカーを目指す場合は公務員試験を受験するのが一般的です。

公務員試験は人気が高く、倍率が高いことも多いため、しっかりと面接の対策をすることが必要です。

公務員の面接試験については、さまざまな本やインターネットで勉強することができますし、民間のように奇をてらった質問をされることはあまりないため、事前に対策を取ることが可能です。

あらかじめ想定した質問にどのように答えるかを考えておき、面接の練習を繰り返すとよいでしょう。

ケースワーカーの自己PRのポイント

ケースワーカーになった場合、年齢も事情も性格も異なるさまざまな相談者と面談をすることになるため、面接でしっかり受け答えできるかどうか、初対面の人とでもスムーズに話ができるかどうかは、大きな自己PRとなります。

また志望動機や自己PRの中でコミュニケーション能力が高いこと、またそのスキルを発揮したエピソードなどを盛り込めるとよりよいでしょう。

ケースワーカーの履歴書で気をつけるべきことは?

ケースワーカーは書類の作成が多い仕事ですし、ケースワーカーのみならず公務員はいまだに手描きの書類も多いため、履歴書の書き方も非常に重要なポイントです。

読む人の目線に立ってていねいで見やすい字を書くことを心掛けましょう。

志望動機や自己PRなどは簡潔にまとめ、読みやすいように工夫することで文章力もアピールすることができます。