CADオペレーターの需要

ものづくりに不可欠な職種

CADオペレーターは、建築業界を中心に、機械や自動車、アパレルなど、さまざまな分野で必要とされている職種です。

「ものづくり」に密接に関わる仕事であり、イメージを図面化するCADオペレーターがいなければ、私たちの身の回りのさまざまなものは作り出されないといっても過言ではありません。

CADオペレーターの具体的な業務内容や働き方は職場によって異なりますが、さまざまな環境で仕事ができるのがCADオペレーターの特徴です。

一定の需要があると考えておいてよいでしょう。

手軽にCADを扱いやすくなっている

時代が進むなかでIT技術が進歩し、誰もがパソコンを当たり前に使うようになり、各所でCADが普及しています。

最近では、フリーソフトながら高性能なCADも登場しており、以前に比べるとさまざまな人が手軽にCADを扱いやすくなっていることから、CADオペレーターの専門性は少々下がっているといわれます

もちろん、CADオペレーターの需要がまったくなくなることは考えにくいですが、ひと昔前よりもCADオペレーターとしての求人が少なくなっている傾向は否めないのが実情です。

「ただ図面を描く」だけでは難しい時代に

CADが使われている現場では最近、設計士自らがCADを触って図面化するケースが増えているようです。

そのため、CADオペレーターとして「言われた通りに図面を描く」だけの仕事は激減しつつあり、今後はさらにこの動きが強くなることが予想されます。

したがって、もしこれからCADオペレーターになり、その仕事で長く働いてステップアップしていきたいのであれば、ぜひ建築や設計そのものについても深く学んで、専門的な知識や技術を身につけることをオススメします。

CADオペレーターという職種そのもので学歴が問われることはあまりありませんが、たとえば4年制大学で建築を学び、建築士の資格までとっておくと、就職先の選択肢をだいぶ広げることができるでしょう。