結婚、子育てしながらCADオペレーターをできる?

「結婚・出産を機に…」は多い

それまで別の仕事をしていた人が、結婚や出産を機に、CADオペレーターに転身するといったことはよくあるようです。

特に、建築業界や機械メーカーなどで設計やデザインをしていた人が、正社員で働くのが難しくなり、決まった時間だけ働ける派遣のCADオペレーターになるといったケースが目立ちます。

特にCADオペレーターは派遣社員としての働き口が多いため、勤務先の選択肢も広く、結婚や出産後に仕事を続けやすい職業といえるかもしれません。

とはいえ、最低限のCADのスキルを持っていなければ、いくら派遣であっても勤務先を見つけるのは難しいです。まったく知識も経験もない人であれば、まず学校やスクールで学ぶことが必要になるでしょう。

思い立ったらすぐに仕事が始められるわけではない、という点は注意が必要です。

どんな働き方をしたいか?どうなりたいか?を考える

一言でCADオペレーターといっても、どのようなレベルのCADオペレーターになりたいかによって、キャリアプランは変わってくるものです。

たとえば、「下請け的な立場でいいから生活費の足しに在宅で仕事をしたいのか?」 それとも「言われたことをそのままやるのではなく、スキルを磨いてそのうち設計にも携わりたいのか?」といった本人の思いです。

後者のような人の場合、家事や育児と両立しながら働くとなれば、仕事に対する相当の覚悟とモチベーションが必要になるでしょう。

プライベートの時間や、睡眠時間を削ったりしなければならないことも出てくるかもしれません。

結婚・出産しても働けるかどうかは、もちろん会社の勤務時間や待遇面もありますが、本人の意思によるところも大きいのです。

極端なことをいえば、強い意欲があり、スキルを身に付けることができれば、独立して自分で事務所を構えて自分の思うように働くこともできます。

まずは自分がどうなりたいのか、どれだけの時間を仕事に費やせるのかを考えて、それに合った勤務先や仕事を探していくことが大切です。