美容師への転職

美容師免許は必須

美容師への転職を考える場合、まず気をつけたいのが、美容師として働くには「美容師免許」が必要ということです。

世の中には特別な資格や免許を必要としない仕事も多々ありますが、美容師の場合、美容師免許を持っていなければ、美容室に採用されることはほぼ不可能といえます。

美容師免許を得るためには、美容専門学校を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

美容専門学校には最低でも2年間通わなくてはならないため、お金の面も、時間の面も、きちんと計画を立てて準備する必要があるでしょう。

このように、美容師になるには、まず免許取得というハードルを乗り越えなくてはなりません。

働きながら美容師を目指す

現在の仕事を辞めて学校に通い、一から美容師を目指すというのは、なかなかリスクのあることです。

しかし、働きながら美容師を目指す方法もあります。それは、夜間や通信制の美容専門学校に通うという方法です。

夜間や通信制の美容専門学校に通う学生の多くは日中などに仕事をしており、仕事と勉強を両立させて学校を卒業し、国家試験の合格を目指しています。

ときにはプライベートの時間を削らなくてはならず、ハードだと感じるかもしれませんが、仕事を続けながら美容師を目指してみたいという人には向いている方法だといえるでしょう。

未経験者は年齢にも注意

美容師は技術職であるため、きちんと美容師免許を取得して基礎的な知識や技術を身につけていれば、美容室に採用することはさほど難しくありません。

しかし、注意しておきたいのは、未経験者の場合は若い人のほうが有利という点です。

美容師として初めて採用されると、必ず「アシスタント」からスタートします。

この期間は「下積み」として先輩のサポートや雑務を任されることが多く、労働時間が長くなりがちな割に、よい給料は期待できないのが実情です。

若い独身の人であればそれでも何とかなるかもしれませんが、すでに結婚をして家庭を持っている場合には、生活面でも苦労してしまうかもしれません。

アシスタント期間は最低でも2年程度といわれていますが、長ければ5年程度経ってようやく「スタイリスト」になるケースもあります。

料理人などと同じく下積み期間が必要だからこそ、本気で未経験から転職を考えるのであれば、できるだけ若いうちに行動するに越したことはないでしょう。

仕事体験談