美容師は大変?仕事の苦労とは? (体験談)

労働

美容師の仕事は何かと大変です。労働に関して特記していきましょう。

<休み>
週休2日の美容室も最近多いですが、未だ4〜6日が平均値のようです。その僅かな休日も講習で費やすこともありますので、他業種と比べてしまうとやはり少ない方でしょう。

また1日の休憩時間も曖昧なところが多く見られます。

<給料>
アシスタントはもちろん、スタイリストになってからも高い給料が保証されるわけではありません。場所によっては20万円を下回る美容室もあるくらいです。

同年代の友人などと給料面で比較してしまうと、低く感じることがあるでしょう。もちろん売上げや、ある程度のポストに任命されると同時に給料も上がっていきます。

<肉体的負担>
1日の営業時間が長く、手荒れや過労が問題になっています。1日に1分も休めないということもあるでしょうし、食事が取れない場合もあるかもしれません。

特に最初の数ヶ月は、1日中立ち作業というのに慣れないので疲れが溜まってしまいます。

<練習>
サロン内の練習は無料ですが、外部講習ですと一部負担もしくは全額負担で受ける事もあります。当然講習は休みの日や、営業終了後に行うことが多いので、プライベートを割いて練習しなければいけないことになります。

美容師のメンタル

美容師は人と接する仕事です。肉体以外にも疲労は溜まりやすいようです。

<サロン内の対人関係>
チームワークが大切な美容師は、社内のスタッフとも上手くやっていかなければなりません。また上下関係がハッキリしているので、先輩への気苦労もある人もいるでしょう。

<お客様との関係>
時には難しいお客様もいらっしゃいます。クレームを探すようにご来店されるかたもいらっしゃいます。全てのお客様を平等に接客しなければいけないため、お客様への気苦労は絶えません。

<技術へのストレス>
思ったように施術できないというストレスもあります。細い柔らかい髪にはパーマが上手くかからなかったり、太い剛毛の髪には奇麗にカラーが入らなかったりします。

自分の技術の足らなさが、そのままストレスになることも十分にありえます。

肉体・精神共に苦労が絶えない美容師ですが、ご来店して下さったお客様が笑顔で帰っていって下さる時に全てが吹き飛びます。

絶え抜いた日々が無駄にならないように、全てはお客様の笑顔の源だと思って、毎日の辛いこともどうかがんばって乗り切って下さい。

仕事体験談