美容師のつらいこと、大変なこと、苦労

休みが少なく、長時間労働になりがち

最近では週休2日の美容室も多くなっていますが、美容師の休日は週1日程度、月にして4~6日が平均値のようです。

そのわずかな休日も技術やマナーなどの講習に費やすこともあり、他業種と比べてしまうと休みが少ないといえそうです。

美容室は1日の営業時間が長く、朝早くから夜遅くまで働くケースがよく見られます。お客さまの予約が立て込んでいると、食事が満足に取れない場合もあるかもしれません。

また、技術力を高めるための講習は休みの日や営業終了後に行うことが多く、プライベートを割いて練習しなければならないこともあります。

アシスタント時代は給料も低い

美容師は、技術がある人ほど収入が高くなっており、見習いであるアシスタント時代は非常に低い給料でやっていかなくてはならない場合が多いです。

スタイリストになってからも高い給料が保証されるわけではありません。手取りで20万円を下回る美容室も決して珍しくはないようです。

別の仕事に就いている同年代の友人と給与面で比較してしまうと、低く感じることがあるかもしれません。

しかし、指名をたくさんもらえるようになったり、ある程度のポストに任命されたりすれば、給料も上がっていきます。

対人関係でのストレス

美容師は人と接する仕事です。肉体以外にも疲労は溜まりやすいようです。

多くの美容室ではチームワークが重視されるため、別のスタッフとも上手くやっていかなければなりません。

また、この世界は上下関係がハッキリしているため、先輩への気遣いに疲れてしまう人もいるでしょう。

もちろん、お客さまにも気を遣う必要があります。なかには難しいお客さまもいらっしゃいますし、クレームを探すように来店される方もいらっしゃいます。

しかし、すべてのお客さまを平等に接客しなければいけないため、お客さまへの気苦労は絶えません。

技術力不足を痛感することも

とくに経験が浅いうちは、思ったように施術できないことに悩むかもしれません。

たとえば、細く柔らかい髪にはパーマがうまくかからなかったり、太い剛毛の髪には奇麗にカラーが入らなかったりします。

自分の技術の足らなさが、そのままストレスになることも十分にありえます。

お客さまの前ではいつも笑顔でいる美容師ですが、肉体面・精神面ともに苦労は絶えない仕事です。

しかし、来店して下さったお客さまが笑顔で帰っていってくださるときには、すべてが吹き飛びます。

絶え抜いた日々が無駄にならないように、すべてはお客様の笑顔の源だと思って、毎日のつらいことも乗り切ってほしいものです。

仕事体験談