フリーランスの美容師

フリーランスで働く美容師もいる

美容師の多くは、全国各地の大小さまざまな美容室に就職し、店舗のスタッフとして働いています。

このような人はいわゆる「雇われ」の美容師となりますが、なかには特定の企業や店舗に所属せず、「フリーランス」の形で働く美容師も存在します。

フリーランスは「個人事業主」の立場となり、独立して個人で仕事をすることになります。

なお、フリーランスの美容師は「面貸しの美容師」や「業務委託契約の美容師」と呼ばれることもあります。

面貸しの美容師は美容室と業務委託契約を結び、「時間あたり」「1日あたり」で使用料を支払います。

そして、美容室内の一部を借りて自分のお客さまを呼び、施術を行うスタイルになります。

業務委託契約についても面貸しとほぼ同じ考え方で、フリーランスで店舗と業務委託契約を結んで働きます。

フリーランスの美容師になるには

フリーランスでの働き方は、ある程度の自由を得られることなどから、憧れている人もいるかもしれません。

しかし、店舗に所属している場合とは異なり、フリーランスの美容師は自分の名前そのもので勝負していかなくてはなりません。

店のブランドや知名度を利用してお客さまを集めるのは難しいため、まずはフリーランスでやっていけるだけのお客さまを持つことが大切です。

したがって、美容師になったばかりの人がいきなりフリーランスになるというのは、あまり現実的ではありません。

スタイリストとして何年も働いたうえで、ようやくフリーランスになるというケースが一般的でしょう。

なお、店舗に勤務してある程度の経験を積んでから、独立準備のために、一定期間フリーランスとして働く人もいるようです。

面貸しや業務委託の美容師を募集している美容室はたくさんあります。インターネットなどを活用して情報を集めるとよいでしょう。

フリーランスで働く魅力と苦労

魅力

<働く時間や休日は自由>
フリーランスの美容師には、定められた勤務時間というものがあります。

いつ働くか、何曜日の何時に予約を受けるか、といったことは自分で決めることができます。

<働けば働くだけ給料が増える>
多くの雇われ美容師は「基本給+歩合(売上の〇%)」で給料を得ていますが、フリーランスであれば、自分が稼いだお金がすべて手元に入ります。

<会社に縛られずに働ける>
場所を借りている美容室や、他のお客さまの迷惑になることをしなければ、自分の好きなスタイルで仕事をすることができます。

苦労

<収入の変動が大きくなる場合も>
基本給がないため、売上が少なかった月は収入が大きく減ってしまいます。安定した売上を出せるようにならないと、不安定さを感じるかもしれません。

<自分の名前で勝負しなくてはならない>
フリーランスの場合、お店のブランドや肩書きを利用することができず、自分そのもので勝負しなくてはなりません。

<事務的な仕事が増えがち>
毎月の売上計算や、国民年金や国民健康保険の手続きや支払い、確定申告など、すべて自分でやる必要があります。