美容師の独立までに必要な準備

資金調達

独立に必要なものはなんと言っても資金です。

莫大な資金を持っている人は、お店を構えること自体は簡単に達成できるでしょう。逆に資本金が少なすぎる場合は、残念ながらお店を持つことは不可能になってしまいます。

都心の出店費用

出店にあたりどれくらいの費用がかかるかというのは、規模によってかなり差があるので一概には言えませんが、東京23区内にセット面4、10坪、駅徒歩5分のお店をビルの3階に出そうと思ったら、少なくとも600万円は必ずかかるでしょう。

それでも運転資金は含まれませんので、かなり低く見積もった計算です。逆に23区内の大型店舗は数千万〜数億円かけて出店しているサロンもあります。

地方の出店費用

地方ではどうかというと、立地場所によっては400万円程度で出店が可能な場所もあります。

過去に私が知っている美容室で一番費用を抑えて出店した所では、山梨県甲府市で100万円以内というお店があります。

やり方によって様々な資金で出店が可能ですが、おおよその目安として、始めての出店には自己資金400万円は貯めておきたいですね。

戦略を考える

お店を出すことは難しいことではありません。1番大変なことは長く続けて繁栄していくことです。

ビジネスをやっていくうえで必ず必要になるのが戦略です。地域に合わせた値段や、広告、スタッフ、宣伝方法、などさまざまな情報を武器に設定していく必要があります。

当然時代によってニーズも変わってきますので、その時々によって戦略を変えていくことも必要になってきます。

仲間も大切

経営に一番大切なのは自分を支えてくれる仲間です。資金や戦略は仲間が支えてくれることが可能ですが、資金や戦略では仲間を支えることはできません。

日頃の生活からたくさんコミュニケーションをして、お互いの意思を確認し合い、下を向いた時に励まし合えるような仲間がいることは、大変大きな武器になります。

美容室の商品自体は、どの美容室も似たり寄ったりといえます。それでも優越が決まってしまうということは、おそらく美容師自身が商品化されているということに他なりません。

優秀で志の高い仲間を味方に付けることは、今後の美容師人生で大きな糧となるでしょう。

今からでも準備できることがある

資金・戦略・仲間という3つのキーワードを挙げましたが、全て明日出店という段階になってすぐ準備できるものではありません。

日頃の生活から(美容学校に通っている時から)全ての事柄にアンテナを向け、自分の目標に向かって暖めていくことが大切です。

明日からやり始めるのではなく、もう今からやれることはたくさんあるのだと知ることが必要です。

一見長い道のりですが、日々の積み重ねが独立時の結果を左右しますので、十分に今の段階からイメージを膨らますと良いでしょう。

仕事体験談