プロ野球選手の現状と将来性

日本プロ野球の注目が高まっている

イチローやダルビッシュなど、メジャーリーグに移籍し、大きな成果を残す選手が年々増えています。それによって、世界における日本のプロ野球への注目度も高まっており、日本人選手も今後さらにメジャーを目指す選手が増えるでしょう。

野球は残念ながらオリンピックの公式競技からは外れてしまいましたが、「ワールドベースボールクラシック(WBC)」への参加などを通して、ますます日本プロ野球が注目されるようになるでしょう。

「メジャーのマイナー化」を避けること

しかし、一流の日本人選手がどんどんメジャーリーグへ移籍してしまうと、日本のプロ野球界は「メジャーリーグのマイナー版になってしまう」という声も挙がっています。

それを防ぐためにも、プロ野球を目指す熱意と実力のある若者を増やし、プロ野球界全体のレベルを上げていくことが、今後必要になってくるでしょう。

「ファン離れ」を食い止めるために

プロ野球選手の活躍は、私たちに夢と感動を与えてくれます。しかし、多くの球団は経営に苦しんでおり、親会社から「広告費」といった名目で補てんを受けて経営を成り立たせているのが現状です。

プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)すらも赤字が続いているそうです。その大きな理由のひとつが、野球ファンの減少です。昔はテレビの地上波で野球中継が放送されることが当たりまえでしたが、今はCS放送がほとんど。また球場に足を運ぶお客さま自体も減っています。

球団経営の安定化は、選手の年俸や待遇の向上にも繋がります。ですから、選手は試合で活躍するのはもちろんですが、昔よりもファンサービスなどを積極的に求められるようになっています。