プロ野球選手のトレーニング・練習

練習内容を絞り、時間配分も考える

野球選手のすべき練習には、打撃、投球、守備、走塁、それにチーム戦術、基礎体力、メンタルなど多くの種類があります。

また、打撃一つをとっても、フリー打撃、ケース打撃、バント、ヒットエンドラン、ゴロ打ち、外野フライ打ちなどいろいろあります。

それらの練習をすべてこなそうと思っても、とても時間が足りません。肝心なことは、野球選手として自分の特徴やレベルに合わせて、練習すべき内容を絞ることです。

野手のトレーニング

打撃はよくても、守備や走塁が苦手な野手の場合、個人練習でも打撃より守備に重点を置いて取り組みます。

また、ホームランは打てなくても、足が速くて小技の使えるタイプなら、打撃練習の中にバントやヒットエンドランなどの練習を増やしたり、走塁練習にも時間を取っています。

将来を期待される2軍選手なら、まず、全体練習では打撃も、守備も、走塁もバランスよく練習します。そのうえで、早朝や夜間に個人練習をして補っていきます。

投手のトレーニング

投手のトレーニングでは、投げ込みとランニングやダッシュ、守備練習が中心になります。

投げ込みでは、コントロールや変化球のキレ、セットポジションでの投球など、その都度テーマを設定して練習しています。また、習得中の変化球があれば、握りや投げ方などを工夫しながら試してみます。

ランニングやダッシュは、体のキレをよくしたり、スタミナをつけるために行います。

投手にとってとても大切なことに、フォームの安定とスタミナがあります。全力投球をして相手打線を長く抑えるためには、普段からよく走り、足腰を鍛えておくことが重要になります。

体幹とインナーマッスルトレーニング

シーズンを通して試合に出続けることは、肉体的にかなり大変です。そのため、筋力トレーニングを継続的に行って、体を鍛えつづけることが大切です。

それに加えて、最近は、「体幹」を中心とした筋力トレーニングに取り組む選手も増えています。

「体幹」とは、体全体から手と脚を除いた部分です。体幹を鍛えることで、野球選手としてのパワーが身につくと同時に、フォームがブレにくくしています。

また、体幹を鍛えることが、故障やケガの予防にもつながります。

投手の場合には、肩のインナーマッスルを中心としたトレーニングに取り組む人が増えています。

肩のインナーマッスルとは、肩周辺にある細かな筋肉のことで、投げる際の腕の振りを速くしたり、スタミナをつけたり、ケガを予防することなどが目的です。

腕の振りが速くなれば、球速が上がったり、変化球のキレがよくなります。