アロマセラピストへの転職

他分野からアロマセラピストへの転職

美容業界以外の職種からアロマセラピストへの転職を目指す場合、どのようにしてそのスキルを習得するかがポイントになります。

目指す仕事内容によってはスクールに通う必要も生じてきます。

アロマトリートメントの施術を行う店への就職を目指す

もっとも幅広い知識とスキルを要するのが、実際にお客さんの顔や体に触れて施術を行う仕事です。

こうした仕事を目指す場合、美容系の専門学校で本格的に学び、エステティシャンとアロマセラピスト両方の資格を取得する人が多くみられます。

有資格者は就職の際に有利になるとともに、就職後はその店ごとの施術方法を習得するための短い研修を受けるだけで、すぐにアロマセラピストの肩書きを持って施術を行うことができる場合が多いようです。

専門学校以外のスクールでアロマセラピスト系の資格を取得している場合もこれらの店に就職は可能ですが、就職後に施術に関するマッサージやトリートメントの研修を長い期間受ける必要があります。

即戦力ではないため、専門卒と比べると給料も低い傾向にあるといえるでしょう。

アロマグッズ販売店やアドバイザーとしての就職を目指す

アロマ専門ショップや治療院、心療内科などの医療関係施設で募集されるアロマセラピストの場合、即戦力となるプロフェッショナルを求める傾向にあります。

アロマセラピスト系のより上位の資格を取得しているほど就職の際に有利になるため、目指す資格を主宰している法人の認定スクールで学ぶのがもっとも有益です。

美容業界からアロマセラピストへの転職

エステティシャンやビューティーアドバイザーなど、美容業界での経験がある人の場合、アロマセラピストの資格を持っていなくても転職の際に優遇されることが多いようです。

希望の企業や店舗へ転職してから、その店ごとの研修で自分に足りない知識や技術を習得し、アロマセラピストとしてひとり立ちするのがもっとも近道の方法だといえるでしょう。