アロマテラピストの資格の種類

アロマセラピストの国家資格はない

現在、日本にはアロマセラピストの国家資格や公的な検定はなく、民間資格のみという状況です。

そのため、とくに資格がなくても知識とスキルが伴えばアロマセラピストとして活躍することは可能だといえます。

しかし、「セラピー」=「治療」の意味があるように、海外ではアロマテラピーは「芳香療法」という治療法の一種。医療系の公的資格がある国も珍しくありません。

それほど人の心身に影響を与える可能性のあるアロマテラピーは、正しい知識のもとに使用することが必要不可欠なのです。

逆にいえば間違った知識により肌に悪影響を与えたり、身体の不調を引き起こすことも考えられます。

このような理由から、アロマセラピストを採用するアロマトリートメントサロンなどでは、企業ごとに推奨する民間資格を定めているところが多いようです。

その資格を持った人のみを採用したり、アロマセラピストの見習いとして採用した後に、資格を取得させるなどの取り組みが行われています。

アロマセラピストの主な民間資格

AEAJ認定アロマセラピスト/アロマテラピーインストラクター

環境大臣の許可を受けた公益社団法人、日本アロマ環境協会主宰。

初心者向けにアロマテラピーに関する基本的な知識が身につけられているかが問われる「アロマテラピー検定1級・2級」があります。

また、上位資格として「アロマテラピーアドバイザー」「アロマセラピスト」「アロマテラピーインストラクター」の認定試験が設けられています。

プロのアロマセラピストとしてお客さまにアロマテラピーを実践するために適した資格です。

アロマヒーリングセラピスト

日本アロマメディカル心理セラピー協会が主宰する認定資格。アロマに関する一定以上の知識がある人に与えられます。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することが可能です。

アロマライフインストラクター

日本インストラクター協会の認定資格。美容とアロマに関する知識を持っている人に与えられます。

アロマグッズの販売やお客様へのアドバイス、講師などとしても活動することが可能です。