アパレル店員の1日

アパレル店員は、店舗の営業時間によって早番・遅番と交代で働くこともあれば、開店から閉店までフルで働くこともあります。

勤務時間は人によって異なるものの、その仕事内容はだいたい「開店準備」「接客」「商品整理」「検品」「品出し」「閉店作業」に分けることができます。

ここではアパレル店員の代表的な場となる、商業施設のテナントで働くアパレル店員の1日をご紹介しましょう。

9:40 出勤・開店準備

今日は早番の日です。出勤後、金庫に閉まってあるレジ金をレジの中に移します。前日の遅番スタッフからの引継ぎメモに目を通したり、当日入荷する商品を確認します。

他のテナントのスタッフさんにもあいさつを忘れずに。

10:30 店内清掃

毎日の掃除は欠かせません。静電気でホコリが溜まりやすい店の隅々にまでモップをかけます。

同時に、ディスプレイしている服が乱れているのに気付いたらすぐに直します。

10:50 朝礼

出勤スタッフ全員で朝礼を行います。

その日の売上目標やイベントを共有し、一致団結します。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などあいさつの声出しも行い、頭をシャキッとさせます。

11:00 開店

いよいよビルがオープン。まばらにお客さまがいらっしゃるので、店頭に立って元気よく「おはようございます」と声をかけます。

日中はゆっくりと買い物を楽しむお客さまが多いので、新商品をオススメしたり、日常会話を楽しみながら接客を続けます。

13:30 昼休憩(45分)

休憩はいつも13時〜15時くらいの間で、スタッフ交互にとります。社食を安く利用できるので助かります。

他のテナントの親しいスタッフと会話を楽しみながらリフレッシュ。

14:15 勤務開始

後半の業務がスタートです。また、現時点での売上が報告されます。目標額に達していない場合は、より気を引き締めてお客さまをお迎えします。

夕方に向けてお客さまが増えていきます。

17:00 小休憩(15分)

少し疲れてくる時間帯に小休憩をとることができます。

19:30 勤務終了・遅番スタッフに引継ぎ

本日の勤務は終わりです。遅番スタッフに勤務中の出来事など伝えるべきことを漏れなく伝えます。

お客さまがとても多い日などは残業することもあります。

遅番の日の場合は、営業終了後に売上清算や店内清掃をし、終礼を行います。

お金の管理はとくに厳重に行い、しっかりと店を閉めたことを確認してから帰宅します。

仕事体験談