あん摩マッサージ指圧師のやりがい

人に感謝されることが最大の喜び

あん摩マッサージ指圧師の仕事の最大のやりがいは、「自らが身に付けた技術によって、多くの人を元気にできる」ことです。

身体のどこかに不調をきたしている患者さんは、見るからにつらそうな表情をしていることも少なくありません。

しかし、あん摩マッサージ指圧師が真剣に治療を行うことで、次第に患者さんが元気になっていくのが感じられます。

そして、患者さんが治療の最後に笑顔で「ありがとう」と言ってくれたときには、何物にも代えがたい喜びが味わえるのです。

どれだけ仕事が忙しくても、患者さんの「助かりました」という一言によって、あん摩マッサージ指圧師の疲れはすべて吹き飛んでしまいます。

「人を喜ばせたい!人の身体の悩みをとってあげたい!」という気持ちを持ち、一生懸命になれる人であれば、毎日たくさんの幸福感を感じながら、働き続けられることでしょう。

一生もののスキルが身に付く

あん摩マッサージ指圧師は、自分の腕一本で働ける専門職です。

それだけに個々の実力が大きく問われますが、意欲と情熱があれば独立開業も目指せますし、自分が健康である限り、年齢関係なく一生働き続けることも可能です。

あん摩マッサージ指圧師は、病院などの医療現場でも活躍しているほか、同じく国家資格である「はり師」「きゅう師」の資格を取得することで治療の幅を広げたり、スポーツトレーナーなど多様な方面で活躍することも可能です。

がんばればがんばっただけスキルが磨かれ、キャリアアップも望めるため、技術力を生かして働きたい人にはピッタリの仕事といえます。

また、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を得るための勉強をしていると、必然的に医学的な知識にも詳しくなります。身体や健康のことを考える機会が多いため、自分自身も健康的な生活が送れるでしょう。