あん摩マッサージ指圧師の1日・生活スタイル

あん摩マッサージ指圧師は、病院・診療所などで活躍しているため、1日・生活スタイルもさまざまです。

また、独立する人もおり、独立すれば1日の過ごし方や勤務時間もさらに大きく異なってくるといえます。

この記事では、あん摩マッサージ指圧師の1日・生活スタイルについて解説します。

あん摩マッサージ指圧師の業務スケジュール

あん摩マッサージ指圧師は、

  • 病院
  • 診療所
  • 治療院
  • マッサージ店
  • 介護施設
  • スポーツ
  • 美容関連施設

など、多様な場所で活躍しています。

あん摩マッサージ指圧師は、総合病院や個人の治療院などに就職して勤務するばかりでなく、独立して働く人もいます。

たとえば、

  • 自分で治療院を開業
  • 予約制の出張マッサージ
  • スポーツや美容専門のあん摩マッサージ指圧師

として個人で活躍する人もいます。

独立するとなれば、1日の過ごし方や勤務時間は、人によってさらに大きく異なってくるといえます。

8:15 出勤
出勤すると、まずは制服に着替えます。

ここでは数人のあん摩マッサージ指圧師が働いているため、他のスタッフにも挨拶をし、院内の清掃やベッドの消毒を念入りに行います。

8:45 朝礼
スタッフ全員でミーティングを行います。

明るい笑顔で患者さんをお迎えできるように、しっかりと声出しも行います。

9:00 診療開始
診療開始時刻になると同時に、患者さんが来院します。

まずは「おはようございます!」と元気な挨拶をし、再来の方には経過を伺いながら、初診の方には問診をしっかりと行い、身体の様子を確認しながら治療をスタートします

平日の午前中は、年配や主婦の患者さんが中心です。

12:30 午前の診療終了
患者さんが多い日は、午前の受付時間終了後も治療が続くことがあります。

患者さんを全員お見送りしてから、スタッフも昼休憩に入ります。

15:00 診療開始
午後の診療を開始します。

夕方になるにつれて学校帰りの学生や、社会人の患者さんも来院されます。

治療の合間には、電話で患者さんから症状に関する相談を受けることもあります。

18:00 午後の診療終了
18:30 片付け・清掃
翌日も患者さんに気持ちよく、安心して来院していただくために、1日の終わりには必ず片付けと清掃をします。

患者さん一人ひとりの顔と名前をしっかりと覚え、信頼関係を築いていくために、スタッフ間で情報交換をします。

19:00 帰宅
患者さんが多い日は少し残業になる場合もありますが、基本的に長時間の残業はありません。

病院で働くあん摩マッサージ指圧師の1日

09:00 出勤
ほかのスタッフと朝礼、清掃などを行います。
09:15 ミーティング
医師、看護師などを含めた医療スタッフと一日の流れについて打ち合わせます。

患者さんの施術については間違いのないよう一人ひとりしっかりとチェックを行います。

09:30 施術開始
病院なので午前中に施術が集中しやすく、多忙な時間となります。

医師や看護師と連携しながら施術内容を決め、一人ひとり丁寧に施していきます。

11:30 外来受付終了
12:00 昼食
すべての患者さんを見終わると、スタッフも休憩を取ります。
13:00 事務処理
デスクに戻りカルテを記入したり、施術法を検討したりします。

時間があれば入院患者さんからの相談に乗るなど、院内をまわることもあります。

15:00 研修
院内では定期的に研修が行われ、新しい技術を身に付けたり治療法を勉強したりします。

ときには時間外に外部の研修を受けに行くこともあります。

17:00 ミーティング
夜勤の看護師が出勤してくるため、日中に合ったことを引き継いだり入院患者さんで気になる様子の人の情報を交換したりします。
18:00 業務終了
医師や看護師と比べると残業は少なく、比較的規則的な勤務時間で働けます。

「あん摩マッサージ指圧師の1日・生活スタイル」のまとめ

あん摩マッサージ指圧師は、多様な場所で活躍しており、1日の過ごし方や勤務時間は、人によって異なります。

治療院で働く場合も、病院で働く場合も、比較的規則的な勤務時間で働けます。

あん摩マッサージ指圧師の勤務時間・休日