あん摩マッサージ指圧師のつらいこと・大変なこと・苦労

あん摩マッサージ指圧師は、さまざまな事情を抱えた患者さんに対し適切な治療を行います。

ある程度経験を積めば、悪い部分を察せますが、本人からどこがどのように痛いのか・どのような症状に悩んでいるのかを聞きとるなど、細やかな気配りやコミュニケーションは欠かせない職業でしょう。

また、本来資格がなければ医療的な効果を宣伝することは禁じられていますが、一般の人には有資格者と無資格者の違いがよくわからないという現状があります。

すべて同じ「マッサージ店」として認識されてしまい、無資格のマッサージ店と大差がないと思われているところもあります。

この記事では、あん摩マッサージ指圧師のつらいこと・大変なこと・苦労について解説します。

あん摩マッサージ指圧師のつらいこと・大変なこと

日々さまざまな人と出会い、多くのの人と出会えることは、あん摩マッサージ指圧師の大きなやりがいや喜びです。

その反面、さまざまな事情を抱えた患者さんと接することに難しさを感じることも少なくありません。

一人ひとり抱える症状や悩みはさまざまですし、

  • 高齢で自分の症状をしっかりと伝えられない
  • 身体に触られることに緊張感をもってしまう

などで、すぐに心を開いてくれないような方もいます。

経験を積んだあん摩マッサージ指圧師は、患者さんの身体の様子を見ることで、ある程度悪い部分を察せます。

しかし、適切な治療を行うためには、本人から

  • どこがどのように痛いのか
  • どのような症状に悩んでいるのか

を聞きとることが欠かせません。

また、あん摩マッサージ指圧師は衣服の上から患者さんの身体に触れて施術をするだけに、相手との信頼関係が重要です。

どんな患者さんに対しても上手にコミュニケーションをとるためには、細やかな気遣いや思いやり、そしてコミュニケーション能力が求められる仕事なのです。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

あん摩マッサージ指圧師の悩み

本来、治療目的で人の体を揉むなどすることは「医業類似行為」として、医師以外では3年以上の専門教育を受け、あん摩マッサージ師の国家資格を得なければ行えません。

しかし、街には大小たくさんのマッサージ店や治療院があふれており、それぞれ「ボディケア」や「ソフト整体」など、多種多様な名称の看板を掲げて営業しています。

実際、これらの場では無資格のスタッフも多く在籍し、施術を行っているケースも多く見受けられます。

無資格者が施術を行う店の場合、本来「マッサージ」という名称を用いることや、医療的な効果を宣伝することは禁じられています。

しかし一般の人々にとっては有資格者と無資格者の違いがよくわからないという現状があります。

あん摩マッサージ指圧師という仕事がまだ世間的に認知されておらず、すべて同じ「マッサージ店」として認識されているケースも多々あり、しっかりとしたスキルや知識をもっているにもかかわらず、ほかのマッサージ店と大差がないと思われているところもあります。

あん摩マッサージ指圧師を辞める理由で多いものは?

最近では若い人や女性をターゲットにした

  • リラクゼーション重視
  • 雰囲気重視

のマッサージ店も増えており、確かな技術よりも、

  • 入りやすい店
  • ゆったりとリラックスできる

に人が流れる傾向が続いています。

こういったことから、「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を得ているにもかかわらず置かれている状況は厳しい面もあります。

有資格者は開業が認められているものの、「開業しても食べていけない」と、やむなく廃業する人もいます。

法改正により、無資格者が行うリラクゼーションサービスとの線引きがより明確になれば状況は変わるかもしれませんが、しばらくは厳しい状況が続くことも考えられます。

また、あん摩マッサージ指圧師の仕事をしているうちにさらに勉強をしたいと、キャリアアップやキャリアチェンジのために転職する人も多いようです。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

「あん摩マッサージ指圧師のつらいこと・大変なこと・苦労」のまとめ

あん摩マッサージ指圧師のつらいこと・大変なこととして、さまざまな事情を抱えた患者さんと接する難しさが挙げられます。

あん摩マッサージ指圧師の悩みとして、国家資格をもっているにもかかわらず、無資格のマッサージ店と大差がないと思われている点が挙げられます。

有資格者は開業が認められているものの、「開業しても食べていけない」と、やむなく廃業する人もいます。