あん摩マッサージ指圧師の仕事内容

仕事内容

あん摩マッサージ指圧師の仕事の概要

あん摩マッサージ指圧師の仕事は、その名のとおり、あん摩・マッサージ・指圧の3つから成り立っています。

それぞれの手技(なでる・揉む・押す・さする等)を使って、身体をなでたり押したり揉んだりすることによって、血行の流れをよくし、こりや痛みを和らげ、人の体の不調を改善する仕事です。

東洋医学に基づく施術であり、基本的には器具は用いず、手のみを使います。また、自然治癒力や免疫力を高めることを目的として、治療を行います。

かつては視覚障害者の割合が多い職業でしたが、近年は視覚障害者の割合は約2割程度となっています。

あん摩マッサージ指圧師は国家資格

「整体師」や「マッサージ師」とは異なり、あん摩マッサージ指圧師は国家資格です。あん摩マッサージ養成学校で学んだあと、国家試験を受けて合格しなければなりません。

整体師の仕事

独立した判断で人にマッサージを行えるのは、医師と、あん摩マッサージ指圧師のみとされています。

はり師、きゅう師と併せて3つの国家資格を持つ者を、鍼灸マッサージ師または三療師と呼びます。

鍼灸師の仕事

試験科目の重複があること、3つの資格の受験資格を同時に得ることができる学校があることから、三療師の資格をあわせて取得する人も少なくありません。

活躍の場

あん摩マッサージ指圧師は、医療、福祉の現場や、スポーツトレーナーなど幅広く活躍しています。

治療院、各種マッサージ店

就職先としてもっとも多いのは、治療院やさまざまなマッサージ店です。

来院した患者さんのマッサージを行うだけでなく、訪問してマッサージを行う形態もあります。

ボディケアやクイックマッサージといった看板を掲げたお店や、温泉施設に入っているリラクゼーション、または美容関係のサロンなどもあります。

無資格の施術者も多いので、有資格者は優遇されることが多いでしょう。

あん摩マッサージ指圧師は、医師などと同じように、開業権のある資格です。独立開業をして、自ら治療院を開く人も非常に多い職業です。

病院や介護施設での勤務

そのほかの勤務先としては、病院の整形外科や理学療法科、リハビリテーション科などがあります。

理学療法士などと協力しながら、ケガや病気の患者のリハビリテーションをサポートします。

たとえば、事故後のリハビリの一環として、マッサージの施術を行ったりします。

脳神経外科でも、頭痛や肩こりを緩和させるために、あん摩マッサージ指圧師を置くところがあるようです。

最近増えているのは、介護福祉施設やデイサービスなどで、「機能訓練指導員」としてつとめるケースです。

おもに、高齢者の身体の、機能維持や体調維持を目的として、その技術が求められています。

その他の勤務先

スポーツ選手がパフォーマンスを維持できるようケガの予防や試合後のマッサージを行うこともあります。

ほかにも、スポーツクラブ内などでスポーツトレーナーとしてつとめたり、視覚障害者の学校や各施設で、技術を教える講師としての道もあります。

スポーツトレーナーの仕事

人体に熟知した資格者として、その活躍の場は多岐にわたっています。