不動産会社社員に必要な資格やスキルはある?

不動産会社で働くのにおすすめの資格は?

不動産会社での仕事は、土地・建物に関する専門知識や、数多くの法律知識が必要になるので、関係する資格も非常に多くあります。

なかでも、業界を代表する資格といえるのが、「宅地建物取引士」、通称「宅建」です。

宅建士の仕事

参考:一般社団法人不動産適正取引推進機構 宅建試験

賃貸借契約や売買契約を結ぶ前に「重要事項説明書」と呼ばれる不動産に関する情報を取りまとめた書面を交付し、お客さまの目の前で読み上げなければなりません。

物件の借主や買主に、物件の内容をきちんと理解してから契約してもらうためです。

重要事項説明に関する業務を行えるのは、宅建資格保有者のみに限定されています。

また、宅建業を営む店舗では、従業員の数に応じて一定以上の宅建士を配置しなければなりません。

宅建資格保有者は採用において非常に有利となりますし、資格手当が付くなど待遇面も手厚くなります。

不動産会社で働くなら、ぜひとも最優先で取得を目指すべき資格です。

ほかにも、職種によって取得しておきたい資格は複数ありますので、以下にいくつかご紹介します。

不動産会社の営業系職種に有利な資格・スキル

賃貸仲介や売買仲介といった営業系職種では、宅建資格に次いで、「ファイナンシャルプランナー(FP)」資格の取得をおすすめします。

営業系職種では、不動産購入の流れのなかで、住宅ローンなどの相談に応じることもよくあります。

ファイナンシャルプランナーの仕事

参考:日本FP協会

FPは、個人の家計や年金、税金などに関するアドバイスを行う資格なので、保有していると営業に役立ちます。

また、お客さまを物件に案内する際、車で案内することも多く、「普通自動車運転免許」は持っておいたようがよいでしょう。

できる限り、時間のある学生のうちに取得しておくとよいでしょう。

さらに、より高みを目指したいという人については、「司法書士」や「行政書士」といった法律系資格をおすすめします。

司法書士は、不動産の取引に不可欠な登記業務を行える資格です。

司法書士の仕事

参考:法務省 司法書士試験

行政書士は飲食業営業許可など許認可を代理したり、遺産分割協議書を作成したりできる資格です。

行政書士の仕事

参考:一般社団法人行政書士試験研究センター

いずれも不動産業との関連性が非常に高いため、大きな相乗効果が期待できます。

独立開業したい人については、他社との差別化を図るためにも、これらを取得しておきたいところです。

ただし、司法書士も行政書士も難易度が高い国家資格なので、宅建士から確実に取得しましょう。

不動産会社の管理系職種に有利な資格・スキル

管理契約に関する重要事項の説明などを行う「マンション管理管理業務主任者」という資格があります。

分譲マンション管理会社の場合、入社後すぐに資格取得を命じられるケースもあるので、就職する前に取得しておくと有利でしょう。

「マンション管理管理業務主任者」は、マンション管理士と合わせて「管理系2大国家資格」と呼ばれています。

マンション管理士は、設備の維持管理や管理組合の運営方法に関するコンサルティングを行うための資格です。

この2つの資格の難易度は、「マンション管理管理業務主任者」の方がやや易しくなっています。

ただし、両資格の試験範囲は共通する部分が多いので、ダブル受験することもできます。

マンション管理士の仕事

参考:公益財団法人マンション管理センター マンション管理士試験

一般社団法人マンション管理業協会 管理業務主任者

不動産会社の企画・開発系職種に有利な資格・スキル

不動産の企画・開発、いわゆる「デベロッパー」は、仲介や管理といったほかの職種と違って、自分自身で不動産を取得し、設計や建設、販売といった一連の業務を手掛けます。

必要になる資格やスキルはどの業務を担当するのかによって大きく変わります。

たとえば用地取得を担当する場合は、物件調査スキルやマーケティングスキルが重要です。

不動産の価値を評価する「不動産鑑定士」や、土地の境界確定などの仕事をする「土地家屋調査士」、「建築士」の資格も役立ちます。

ただし、これらの資格はいずれも非常に難易度が高いので、安易な受験はおすすめできません。

不動産会社社員として必須の資格である宅建士を優先する必要があります。

不動産鑑定士の仕事

参考:国土交通省 不動産鑑定士試験

土地家屋調査士の仕事

参考:法務省 土地家屋調査士試験

参考:公益財団法人建築技術教育普及センター 1級建築士試験