税理士の志望動機・例文

志望動機は明確に

税理士になるための就職試験では、必ず志望動機を聞かれます。自分のなかで、「なぜ税理士なのか」を明確にしてから試験に臨むことが大切です。

税理士に向いていると思った理由や、税理士の仕事を通して実現したいと思ったことをできる限り具体的に述べながら、積極的に自分を売り込みましょう。

たとえば「昔から几帳面で、計算や書類作成のような細かい仕事が得意だったので、この性格を活かせる仕事として税理士を選んだ」「経済に興味があるので、税理士になって節税対策などのアドバイスを通じて企業のサポートをしたい」というような志望動機で、自分の性格が税理士に向いていることをアピールすることができます。

あるいは「誰もが関係のある税金というお金を通して、人の役に立ちたいと思った」というような志望動機で、依頼者のために誠意をもって働きたいという姿勢をアピールすることもできます。

独立の希望はよく考えてから

税理士事務所の就職試験を受ける人のなかには、「この事務所に就職してさまざまな経験を積ませてもらって、できるだけ早く独立起業したい」と考えている人もいるでしょう。

しかし、面接で志望動機を聞かれたときに独立のビジョンまで正直に話してしまうのは、少し考えものかもしれません。

「独立を考えているということは数年で辞めてしまう可能性がある」と経営者は考えます。そして何よりも、辞めるときに顧客をそのまま持っていかれる危険があるということを考えてしまいます。

こうした危険を避けるために、採用を躊躇する可能性も大いにありうるのです。

早期の独立の希望を持っている人は、就職試験でどのように答えれば良いか、どのような働き方や辞め方が雇い先に迷惑をかけないのか、熟考した上で試験に臨むことが大切です。