高卒で税理士になるには

税理士試験は受験資格が必要

税理士になるためにはいくつかの方法がありますが、最も一般的なのは税理士試験に合格することです。しかし、この「税理士試験」には受験資格が設けられているため、誰でも受験できるわけではありません。

たとえば学歴で言うと「大学・短大・高等専門学校の経済学部や法学部や商学部の卒業生」や「大学3年生以上で法律や経済に関する学科を62単位以上取得している学生」であれば、受験することができます。

これはつまり、普通高校を卒業したいわゆる高卒の学歴の人は、そのままでは受験資格がないということです。

高卒で税理士になる方法

それでは、高卒の人はどうすれば税理士の受験資格を手に入れることができるのでしょうか。

ひとつの方法は「日商簿記1級」の試験に合格することです。「日商簿記1級」は大変難しい試験ですが、この試験に合格した人が合格証明書を提出すれば、学歴に関係なく税理士の試験を受けることができます。

ふたつめの方法は、税理士事務所や個人の会計事務所で3年以上働くことです。「職歴証明書」を提出すれば、学歴や資格がなくても税理士の試験を受けることができます。

もうひとつ。税務署をはじめとした国税官公署で23年以上働いて指定の研修を受けることで、税理士の資格を手に入れるという方法もあります。
国税専門官の仕事

時間がかかる方法ではありますが、この場合は試験を受ける必要なく確実に資格を取得できますし、税理士にとって必要な多くの経験を積むことができます。

高卒で税理士をめざす場合は、生活環境や能力に合わせて自分に適した方法を選ぶことが大切なのです。

公認会計士から税理士に

もうひとつ、高卒の人が税理士になるためのちょっと意外な方法があります。

それは、「公認会計士」の資格を取るという方法です。「公認会計士」の試験は、受験資格がないので高卒でも問題なく受験できるうえに、「公認会計士」の試験内容に税務に関することが含まれていることから、合格すると「税理士」の資格も同時に与えられます。

「公認会計士」の試験は合格率が10%以下であり難易度も税理士よりも上なため、誰もが選択できる方法ではないかもしれませんが、成功すれば「公認会計士」と「税理士」のダブル取得につながるので働き方の選択肢は広がります。